編集部ブログ

奥琵琶湖キャンプ場で「直火で焚き火」してきた。

奥琵琶湖キャンプ場-焚き火-直火-滋賀キャンプ場

「奥琵琶湖キャンプ場」は、滋賀県で秋キャンプを謳歌したいあなたにとって最適なキャンプ場です。

赤や黄色に綺麗に染まった紅葉や落ち葉で色鮮やかな森の中で、直火で焚き火したりどこを撮っても絵になる場内を散策したり徒歩3分で湖畔まで散歩に出たり…。実に穏やかな大人なスローキャンプを存分に満喫できます。

編集部
編集部
本記事では、1泊2日の宿泊キャンプで行った直火での焚き火模様を紹介します。
奥琵琶湖キャンプ場-焚き火-直火-滋賀キャンプ場本格的な焚き火シーズンが到来!

これからの季節、キャンプで焚き火を行う方も多いのではないでしょうか。

焚き火はただ暖をとるだけでなく、メラメラと燃え上がる炎を見ているだけで癒されますよね。そんな焚き火を直火で愉しめるってキャンパーの血が騒ぎませんか..?

本記事では、そんな秋キャンプの一部分である「奥琵琶湖キャンプ場での直火で焚きの様子」を紹介します。

今回利用したキャンプ場「奥琵琶湖キャンプ場」

奥琵琶湖キャンプ場で紅葉キャンプを謳歌してきた。

直火で焚き火ができる滋賀キャンプ場6選

秋キャンプで利用したい滋賀キャンプ場10選

 

「奥琵琶湖キャンプ場」

奥琵琶湖キャンプ場

奥琵琶湖キャンプ場は、滋賀県長浜市西浅井町にある林間のキャンプ場です。

「一年通じて直火OK」、「秋は紅葉キャンプ」を、「冬は雪中キャンプ」を満喫できるとして、県内だけでなく大阪や京都や名古屋など県外の利用者も多く訪れる人気のキャンプ場です。

管理人さん曰く、休日(土・日・祝)の予約は常に満員でなかなか利用できないので平日に有給を取ってここへキャンプをしにくる利用者も少なくないそうです。

自然林が多く、森本来の環境が目立つ奥琵琶湖キャンプ場は、「立木は伐採しない」という方針で場内に整備したそうで、林間サイトの雰囲気は魅力的です。

 

魅力あふれる奥琵琶湖キャンプ場

2021年11月中旬の奥琵琶湖キャンプ場
奥琵琶湖キャンプ場の魅力
  • 直火で焚き火可能なサイトが存在する
  • ペット(犬など)同伴可能
  • 車両の乗り入れ可能
  • 10名でも一緒に宿泊できる超大型の貸別荘がある
  • 琵琶湖まで徒歩数分でアクセスできる
  • 自然そのままを満喫できる林間サイトだらけ
編集部
編集部
中でも、滋賀県内のキャンプ場で「直火で焚き火」ができる施設は稀なので重宝したいですね。

直火で焚き火ができる滋賀キャンプ場6選

 

直火で焚き火

奥琵琶湖キャンプ場-焚き火-直火-滋賀キャンプ場直火で焚き火

ここからは、今回の紅葉キャンプの目的の一つである「直火での焚き火」の様子を紹介します。

(注!: 焚き火に夢中すぎてあんまり写真撮ってなかったので、火付けの方法や薪の組み方は下記記事を参考にしてみてください…。)

キャンプ場「森のHoliday」のオーナー影山さんにロープワークと焚き火の火付け・焚き付けを教わってきた。

直火で焚き火

直火で焚き火をする際は、サイトの近場に転がっている石で窯を作ります。こうすることで火の広がりを抑えたり、風の流れをコントロールできます。

奥琵琶湖キャンプ場-焚き火-直火-滋賀キャンプ場森林サイトでの直火で焚き火は最高!

焚き火を終えた後は、集めた石は元の位置へ戻しておきましよう。(そのままの状態にしておくと、次に使用するキャンパーの邪魔になります。)

奥琵琶湖キャンプ場-焚き火-直火-滋賀キャンプ場消し炭用バケツは管理棟で無料貸出

注! 管理棟に炭用バケツが常備してあるので、焚き火を満喫した後はバケツを使って消し炭を必ず回収し管理棟まで持っていきましょう。

編集部
編集部
写真だけでは、なかなか伝わらないので10秒動画を載せておきます!

奥琵琶湖キャンプ場を利用する際は、ぜひ直火で焚き火を行ってみてください!

 

まとめ

奥琵琶湖キャンプ場での直火の焚き火の様子が少しでもあなたの参考になっていれば嬉しいです。

今回利用したキャンプ場「奥琵琶湖キャンプ場」

奥琵琶湖キャンプ場で紅葉キャンプを謳歌してきた。

 

他の直火での焚き火シーン
滋賀キャンプ場-森のHoliday-湖畔キャンプ場-林間キャンプ場-ブッシュクラフト-野営-直火
JBS公式ブッシュクラフトアドバイザーの資格を持つ影山さんのワークショップを体験してみた。高島市にある湖畔キャンプ場「森のHoliday」を取材で訪れたその日に、オーナーの影山さんが特別にワークショップを行ってくださいました。(※本来なら、事前予約が必須です)本記事では、①「森のHoliday」で体験できるワークショップ一覧、②編集部が体験した2つのワークショップの模様の2つを紹介します。...
焚き火-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場
滋賀県東近江市にある黄和田キャンプ場で「直火で焚き火」してきた。今回編集部は、滋賀県東近江市にある「黄和田キャンプ場」で、焚き火を満喫してきました。しかも、直火で!黄和田キャンプ場は、県内でも数少ない直火OKなキャンプ場です。本記事では、直火で焚き火を楽しんだ様子をお伝えします。...
永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
河原にある永源寺キャンプ場で「直火で焚き火」をしてきた。今回編集部は、滋賀県東近江市蓼畑町にある「永源寺キャンプ場」で、焚き火を満喫してきました。しかも、直火で!永源寺キャンプ場は、県内でも数少ない直火OKなキャンプ場。今回は、編集部が初めて直火で焚き火を愉しんだ様子をお伝えします。...

 

 

Webメディア「OUTDOOR SHIGA」では、滋賀県で謳歌できるアウトドア情報を発信しています。

Instagram、Twitter、Facebookでしか発信しない情報もあるのでぜひフォローしてください!

Instagramアカウント

Facebookアカウント

Twitterアカウント

あなたに関する記事を
無料で作成します!
取材依頼募集-記事執筆

「滋賀県の法人・個人様限定の取材企画」

OUTDOOR SHIGA編集部は、あなた(御社)が当Webメディアを活用して発信したい記事の作成無料で承っております。

注! 本企画は、完全リモートでの対応となります。

あなたが、①発信したい内容②写真(10枚程度)をお送りください。

ご依頼を承ってから記事公開まで、おおよそ2週間ほどお時間をいただきます。予めご了承下さい。

 

依頼する

 

 

記事公開までの流れ
  1. 下記お問合せフォームからご連絡ください。
  2. 編集部長がZoonなどのビデオ(Web)会議でご対応いたします。
    (所要時間: 約60〜900分間)
  3. ②から14日前後で記事公開します。
    (記事公開前に事前チェック可能です)
  4. 修正点があれば随時メールでご連絡ください。
  • 費用はタダ(0円)で承っております。
  • 記事修正に何度でも対応します。
編集部長
編集部長
記事内容のご相談からでも無料で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

 

\取材対象者さま一覧/

  • アウトドア関係者様
  • アウトドアショップオーナー様
  • キャンプ場運営者様
  • 湖畔のマリーナオーナー様
  • ドッグラン施設運営者様
  • ビワイチ関係者様
  • 県内のホテル運営者様
  • イベント企画者様
  • 他メディア運営者様
  • 企業様(企画・広報担当者さま等)
  • 個人様(キャンパー, SUPインストラクターさま等)

…など滋賀県の事業関係者さま全般

現状は県内のキャンプ情報をメインに取材しておりますが、キャンプ界隈だけでなく琵琶湖でのマリンスポーツ、登山、ビワイチ、ドッグラン施設など、滋賀県のアウトドアに関係することなら何でも取材させて頂きます。

 

当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」運営にかける編集部長の想い

OUTDOORSHIGA-header-logo当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」は、次の信念のもと、私たち編集部が日々全力で運営しております。

 

滋賀県魅力発信することで、
他府県在住方々
滋賀県
誘致する。

そのためには、
観光文化魅力発信といった
アプローチの他に、
滋賀県のアウトドア産業を
盛り上げる
ことも
必至
である。

 

もし、あなた(御社)がこの想いに賛同いただけるなら、ぜひ、周囲のアウトドア事業者の皆様へご共有ください。

私たちOUTDOOR SHIGA編集部の取り組みを周囲へ口コミいただけるほど、情報発信者冥利に尽きることはありません。

 

\24時間以内に返信します/

取材実績3件お問合せ

関連記事
キャンプ-ソロキャンプ-自作ギア-メスティン-ロゴ入れ-キャンプ飯=キャンプ料理-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ 編集部ブログ

100円ショップ“ダイソー”で購入した「メスティン」にカラースプレー塗装でロゴ入れしてみた。

18/03/2021
OUTDOOR SHIGA(アウトドアシガ)
キャンプ飯の「トマトチーズリゾット」や「カレーライス」を作る際に大活躍しているメスティン。 このメスティンをアウトドアシガ編集部仕様に …
ja