編集部ブログ

河原にある永源寺キャンプ場で「直火で焚き火」をしてきた。

今回編集部は、滋賀県東近江市蓼畑町にある「永源寺キャンプ場」で、焚き火を満喫してきました。

しかも、直火で!

編集部
編集部
永源寺キャンプ場は、県内でも数少ない直火OKなキャンプ場の一つです。

今回は、編集部が初めて直火で焚き火を愉しんだ様子をお伝えします。

 

焚き火の舞台は「永源寺キャンプ場」

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

永源寺キャンプ場は、滋賀県東近江市蓼畑町にある河原のキャンプ場

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

「川辺のフリーサイト」と「宿泊施設」があるキャンプ場で、利用料金もリーズナブル

“直火OK”“ペット同伴OK”と、自由度の高いことに定評があるキャンプ場です。

永源寺キャンプ場は直火OK!

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

「永源寺キャンプ場」は、“直火で焚き火ができます”。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

河原の至る所に、直火の痕跡が。

編集部
編集部
これはテンションあがります!
永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
「永源寺キャンプ場」|滋賀県に数ヶ所しかない直火OKの川辺キャンプ場永源寺キャンプ場は、滋賀県東近江市蓼畑町にある川辺のキャンプ場です。県内のキャンプ場の中でも“直火OK”なサイトは稀で、重宝したいキャンプ場です。一方で、炊事棟やゴミステーションなどは設備されていません。ある程度経験を積んだキャンパー向けのキャンプ場だと言えるでしょう。キャンプ場の予約方法は電話。利用する場合は、予め電話で予約しておくと安心です。...

 

いざ、焚き火

まずは、場所決定

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

全長200メートルほどの川辺サイトが、「神崎川」に沿って広がっています。

編集部
編集部
さて、どこで焚き火を行おうか…。
永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
編集部
編集部
ここを焚き火地とする!

石を積んで風避け作り

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

編集部は普段、焚き火台を使って焚き火を愉しんでいます。

直火での焚き火は今回が初めて

とりあえず、見様見真似で風避けを石で作ってみます。

火付け(着火)

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

焚き火を行う際、下記6点は毎回予め用意し持参しています。

  • 麻紐ボール
  • スギの葉
  • 松ぼっくり
  • マッチ
  • ライター
永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
編集部
編集部
今回しようした薪(広葉樹)は、東近江市のアウトドア専門店「Burn Freely」で購入しました。
永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
編集部
編集部
火付けに使用する小枝は、キャンプ場の河原で現地調達。
永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

火付けの準備が整ったので、早速火付けしていきます。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

風避けの為の大きな石組の中に、小さな石組を作りそこで火付けすることに。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

地面の砂に湿気があったので、杉の葉を敷いた上に麻玉を乗せて着火。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

マッチで火が着いたら杉の葉を加えて火を育てていきます。

火を育てる

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

河原で拾った小枝をくべて、火を育てます。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

少しづつ、火を大きくしていきます。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

数分で、それなりの火に育ちました!

というわけで、薪の準備に取り掛かります。

薪へ火付け

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

ある程度火が育ったら薪を入れる。(薪の直径は40cm程度)

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

薪と薪の隙間から漏れる火をブロックするため、石で塞いでみる…。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

すると、効率よく火が薪に当たるようになりました!

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
編集部
編集部
引いて撮影してみるとこんな感じ。

薪を組む

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

最初に入れた薪3本に火が着いたので、薪を組んでみることに。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

キャンプファイヤーなどでよく見る「ログキャビン型(井桁型)」に組んでみました。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

計6本の薪で3段に組んでみました。

編集部
編集部
普段の焚き火では、「並列型」風に薪を組んでいますが、それと比べると「ログキャビン型」圧倒的に火力が強力です
永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

中央の四角い隙間からいい感じに火が立ち上がっています。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

別の角度から1枚。

熾火状態

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

組んだ薪が焼き上がり、だんだん熾火状態になってきました。

ここまでおよそ40分。

熾火

熾火(おきび)とは、着火した薪や炭が炎を上げず芯の部分が真っ赤に燃えている状態のことです。ここまで来ると、多少の雨でも問題なく燃え続けます。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

風が吹くと、まだまだ強力な火が立ち上がる。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

熾火ができれば、あとは時間の許す限り焚き火を満喫!

灰の後始末

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

ある程度、薪が燃え尽きたら後始末へ。

編集部
編集部
灰や熾火が風で飛ばされないように注意しましょう。
永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

持参の消し炭用バケツを準備。

ゴミや消し炭は各自持ち帰るのが「永源寺キャンプ場」のルールです。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

何度も川から水を汲んで水を掛けます。

編集部
編集部
完全に鎮火するまで徹底的に水をかけましょう。
永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
編集部
編集部
忘れがちだが、石も熱を持つので何度も水を掛けておきましょう。

中には、火力の強さ(?)で割れてしまった石もありました。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

炭が完全に冷めたら、炭と灰をバケツに入れて持ち帰ります。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
編集部
編集部
くれぐれも、炭をキャンプ場に捨てて帰らないように。
永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

焚き火の火の熱さや音の余韻が心地よく残ったまま後片付けができました。

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

帰る前に、石組も崩しできるだけ河原を元通りに直して帰ります。

 

まとめ

永源寺キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

いかがでしたか?

編集部の焚き火が、なんらかの参考になっていれば嬉しいです。

編集部の焚き火模様
滋賀県-グランピング-キャンプ-BBQ-焚き火
焚き火のあれこれ。最低限必要な道具から着火で失敗しないコツまで網羅的に紹介。本ページは、これから焚き火を始める方や初心者キャンパーであるあなた必読の「焚き火に関するあれこれを紹介するまとめ記事」です。具体的には、①編集部の焚き火の様子、②最低限必要な焚き火用品、③焚き火のポイント、④焚き火のマナーの4つの軸で焚き火について詳しく紹介していきます。このページを読破すれば、あなたの焚き火ライフは向上するでしょう。...
グラエク-新作焚き火台-組み立て方-滋賀キャンプ-焚き火-深山キャンプ場
グラエクの新作「ロノジ焚き火台」で焚き火を満喫してきた。5月初旬、晴れのち曇り。やや風あり。編集部は、滋賀県東近江市にある「深山キャンプ場」で、グラエク(Gravity Equipment)から登場した新しい焚き火台「ロノジ焚き火台」を使って焚き火を満喫してきた。本記事では、その様子をお伝えする。...
焚き火-ビワコマイアミランド-松林サイト-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-デイキャンプ-BBQ-日帰りキャンプ
ビワコマイアミランドの松林サイトで「焚き火」してきた。4月の中旬、快晴日。編集部は、滋賀県野洲市にある「ビワコマイアミランド」の“松林サイト”で、焚き火をメインにデイキャンプを満喫してきました。本記事では、コールマン“ファイヤーディスク ソロ”を使用して行った焚き火の様子をお伝えします。...
黄和田キャンプ場-焚き火-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ
冬のある快晴の日に「黄和田キャンプ場」で焚き火を満喫してきた。今回編集部は、滋賀県東近江市黄和田町にある「黄和田キャンプ場」で、焚き火をメインにデイキャンプを満喫した。編集部は、焚き火台を使って焚き火を行っているが、なんと“黄和田キャンプ場は直火OK!”。県内でも稀な環境でキャンプができる。本記事の中盤で、直火で焚き火した痕跡に写真付きで触れているのでぜひ参考にしてほしい。...
焚き火-着火剤-麻紐-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-山キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ
焚き火用の着火剤「麻紐ボール(通称“麻玉”)」を30個生産した事をここに報告する。焚き火をする際に、あなたはどんな着火剤を使用しているだろうか。編集部は、「麻紐ボール」を使用している。麻紐ボールは、最も有能な着火剤だと信じている。今回は、麻紐ボールの生産過程をお伝えする。...

 

【完全無料】滋賀県内のアウトドア事業者様限定企画|貴社が発信したい紹介記事を作成します!

滋賀県のアウトドア業界をさらに盛り上げるべく、県内のアウトドア事業者さまを対象に、無料の取材企画を実施しています!

これまでの取材記事を読んでみる。

 

6件の取材実績

滋賀県内のアウトドア事業者さま6社への取材実績があります。

(※うち2件は完全オンライン取材)

 

①アウトドアショップ「Burn Freely(東近江市)」[2記事]

滋賀県-アウトドアショップ-BurnFreelyBurn Freely
滋賀県-アウトドアショップ-BurnFreely
滋賀県東近江市にあるアウトドアショップ「Burn Freely」皆さんは、キャンプ道具をどこで手に入れているだろうか。近くに素敵なアウトドアショップがなく、購入は常にオンラインの方も少なくないだろう。本記事では、滋賀県東近江市にあるアウトドアギアとインテリア雑貨を取扱うセレクトショップ「Burn Freely」をご紹介する。(※本記事は、「Burn Freely」さんに取材させて頂いた情報を元に作成しております。)...
BurnFreely-店長-渚鋤さん-インタビュー
キャンプ歴約10年の大ベテラン「Burn Freely」店長の渚鋤さんにキャンプとは?を問うてみた。「Burn Freelyへの取材企画」第2弾。第2弾は、Burn Freely店長の渚鋤(すすき)さんへのインタビュー。キャンプを始めたきっかけから最近のキャンプブームのあれこれまで...渚鋤さんに根掘り葉掘り取材をさせていただきました。本記事を読めば、圧倒的なアウトドア経験を持つ店長直伝のキャンプの愉しみ方や知っておいて損はないキャンプノウハウなど、あなたのキャンプをさらに謳歌するためのヒントが得られるでしょう。...

 

②キャンピングカーレンタル「kanoa car rental(長浜市)」[5記事]

カノアベース-カノアカーレンタル-キャンピングカーレンタル-kanoabasekanoa base

※リピートいただきました!

カノアベース-カノアカーレンタル-キャンピングカーレンタル-kanoabase
カノアカーレンタルさんの新拠点「カノアベース(kanoabase)」は、キャンピングカー10台以上収納できる2階建ての超大型ファクトリーだった。キャンピングカーレンタル滋賀 カノアカーレンタルさんの新拠点「カノアベース(kanoabase) キャンピングカーファクトリー滋賀」が、ついに本格始動しました!本記事を読めば、新拠点「カノアベース(kanoabase)」稼働に至るまでの背景や長谷さんが作り上げるカノアの世界観を知ることができます。...
滋賀-キャンピングカーレンタル-カノアカーレンタル
滋賀県長浜市にあるキャンピングカーレンタル屋さん「kanoa car rental(カノアカーレンタル)」「一度はキャンピングカーに乗ってキャンプやお出かけしてみたい!」そんな想いを抱く方は多いのではないだろうか。 ・キャンピングカーでキャンプへ繰り出したい ・愛子が喜ぶ非日常なファミリーキャンプをしたい ・ペットと共にお出かけしたい ・コロナ禍でも日本を旅したい ・グループ全員で長距離を移動したい...など 本記事では、そんな願いを叶えてくれるキャンピングカーのレンタルサービスを行う「カノアカーレンタル」について紹介する。コロナ禍の昨今、以前の様にのびのび外出できない中でも、「キャンピングカーをレンタルしてプライベートな旅行を楽しむ」と言う“非日常な旅行体験”は、今楽しめる数少ないレジャーの選択肢のひとつとして検討してみても良いのではないだろうか。...
滋賀-キャンピングカーレンタル-カノアカーレンタル
「カノアカーレンタル」店主の長谷さんにキャンプとは?を問うてみた。「キャンピングカーレンタル滋賀 カノアカーレンタルへの取材企画」第2弾。第2弾は、カノアカーレンタル店主の長谷(はせ)さんへのインタビュー。長谷さんの学生時代からキャンピングカーレンタルを始めるきっかけまで...長谷さんに根掘り葉掘り取材をさせていただいた編集部。本記事を含む“カノアカーレンタルへの取材企画全弾”を読めば、キャンピングカーに対するイメージの変化やレンタルした場合の具体的な予算感など、あなたのキャンプをさらに謳歌するためのヒントが得られます!...
カノアカーレンタルでレンタルできるキャンピングカー「アミティ4WD」7月初旬。編集部は、キャンピングカーレンタル滋賀 カノアカーレンタルにて“アミティ4WD”をレンタルして1泊2日の宿泊キャンプを謳歌してきました。編集部にとって、今回が初めてのキャンピングカー利用だったが、大満足にキャンプを謳歌できました。一生モノの非日常体験を経験しました。本記事では、編集部がレンタルしたキャンピングカー「アミティ4WD(AMITY)」について簡単に紹介します。 アミティ4WDは、こんな人向けのキャンピングカー。 ・キャンピングカーを初めて運転する方 ・大型車両の運転に自信がない方 ・街乗りで利用したい方 ・キャンピングカーで琵琶湖一周を検討している方 ・少人数(2〜6名)で利用したい方...
キャンピングカーレンタル-カノアカーレンタル-アミティ4WD-朽木オートキャンプ場-宿泊キャンプ
「カノアカーレンタル」さんのキャンピングカー「アミティ4WD」をレンタルして宿泊キャンプを謳歌してきた。今回は、滋賀県長浜市にある「カノアカーレンタル」さんでアミティ4WDをレンタルして満喫した1泊2日のキャンプの模様をお伝えします。編集部がキャンピングカーを実際に使用している様子や掛かった費用などを見ることで、本記事があなたのキャンピングカーデビューの後押しになれば幸いです。...

 

③キャンプ場「森のHoliday(高島市)」[3記事]

滋賀キャンプ場-森のHoliday-湖畔キャンプ場-林間キャンプ場-ブッシュクラフト-野営-直火森のHoliday
滋賀キャンプ場-森のHoliday-湖畔キャンプ場-林間キャンプ場-ブッシュクラフト-野営-直火
「森のHoliday」|滋賀県高島市にある森林サイトでブッシュクラフトを満喫できる湖畔キャンプ場森のHolidayは、滋賀県高島市安曇川町北船木にある湖畔キャンプ場です。(2021年4月オープン)ご夫婦2人でキャンプ場を運営されており、現在は土・日曜日の週末限定営業です。コンセプトは「利用者が元気になって帰って頂けるキャンプ場を運営する」。大自然のままをキャンプ場にしており、自然を壊さないように丁寧に場内環境を日々整備されています。...
滋賀キャンプ場-森のHoliday-湖畔キャンプ場-林間キャンプ場-ブッシュクラフト-野営-直火
「森のHoliday」オーナーの影山さんにキャンプとは?を問うてみた。「滋賀県のアウトドア関係者への取材企画」第3弾。第3弾は、キャンプ場「森のHoliday」オーナーの影山さんへのインタビューです。影山さんのキャンプ遍歴からキャンプ場をオープンするきっかけまで...根掘り葉掘り取材をさせていただいた編集部。本記事を含め「森のHoliday」への取材企画全弾を読めば、「森のHoliday」で満喫できるキャンプのイメージや自然と共存することの大切さなど、あなたのキャンプをさらに謳歌するためのヒントが得られるでしょう。...
滋賀キャンプ場-森のHoliday-湖畔キャンプ場-林間キャンプ場-ブッシュクラフト-野営-直火
JBS公式ブッシュクラフトアドバイザーの資格を持つ影山さんのワークショップを体験してみた。高島市にある湖畔キャンプ場「森のHoliday」を取材で訪れたその日に、オーナーの影山さんが特別にワークショップを行ってくださいました。(※本来なら、事前予約が必須です)本記事では、①「森のHoliday」で体験できるワークショップ一覧、②編集部が体験した2つのワークショップの模様の2つを紹介します。...

 

④アウトドアショップ「GEARFT(大津市)」[2記事]

GEARFT
2022年11月オープン!滋賀県大津市のアウトドアショップ「GEARFT(ギアフト)」「GEARFT(ギアフト)」は、2022年11月にオープンしたアウトドアショップです。場所は滋賀県大津市の桐生(きりゅう)。桐生には「桐生キャンプ場(近江湖南アルプス自然休養林 治山の森)」と「鶏冠山(とさかやま)」があり、アウトドアを存分に謳歌する環境が整っているエリアです。そんな自然豊かな地域でアウトドアを満喫する人々の集いの場となるべく「GEARFT」はスタートしました。...
「GEARFT(ギアフト)」店長の野田さんとEC担当の山田さんにキャンプとは?を問うてみた。2022年11月14日(月)。滋賀県大津市桐生にアウトドアショップ「GEARFT(ギアフト)」がオープンしました。"アウトドアを通して日々のストレスを緩和する"をコンセプトに野田さん、山田さんのおふたりでショップを開業。おふたりがお店をオープンするに至った経緯やそれぞれの人生初キャンプについてなど根掘り葉掘り取材をさせていただきました。...

 

⑤アウトドアショップ「7th9LODGE(草津市)」[2記事]

7th9LODGE
2023年3月オープン!滋賀県草津市の琵琶湖岸沿いにあるアウトドアショップ「7th9LODGE(セブンスナインロッジ)」「7th9LODGE(セブンスナインロッジ)」は、2023年3月18日(土)オープンしたアウトドアショップです。場所は草津市の琵琶湖岸沿い。道の駅「草津ロックベイガーデン」内にあります。同店、滋賀県内の他店舗とは一味違うんです!キャンプ・BBQ・釣り・アパレルの商品を幅広く展開されている店内。店舗前には、お子様向けの釣り体験コーナーが「7th9LODGE」は、琵琶湖でアウトドアを満喫したいあなたにとって、まさにピッタリなお店なんです。...
「7th9LODGE」の店長大角さんにキャンプとは?を問うてみた。2023年3月18日(土)。滋賀県草津市、道の駅「草津ロックベイガーデン」内にアウトドアショップが「7th9LODGE(セブンスナインロッジ)」オープンしました!この記事は、「7th9LODGE」の店長大角(おおすみ)さんにオンライン取材させて頂いた情報を元に作成しております。...

 

⑥琵琶湖のバスフィッシングルアー専門店「Fish! tackle shop(草津市)」[2記事]

Fish! tackle shop
滋賀県草津市にある琵琶湖のバスフィッシングルアー専門店「Fish! tackle shop」「Fish! tackle shop(フィッシュ! タックルショップ)」は、滋賀県草津市の道の駅「草津ロックベイガーデン」内にある、琵琶湖のバスフィッシングを中心としたルアー専門店です。...
「Fish! tackle shop」の店長澤井さんにとって釣りとは?を問うてみた。琵琶湖のバスフィッシングを中心としたルアー専門店「Fish! tackle shop」のオーナー澤井さんに、取材させていただきました。...

 

\ここからチェック/

取材記事を読む

 

私たちの集客力について

2022年8月-2023年7月の1年間
平均 PV数48,400(/月)
平均 訪問者数26,400人(/月)

*PV数: ページビュー数

当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」をぜひ活用ください!

貴社が発信したいお店、サービス、イベント情報を、月間およそ2万5千人の方々に向けて届けられます。

費用は完全無料。

業務の合間に、90分〜120分間取材の時間をお取りいただければ、取材日から14日後には集客を開始できます。
(※オンラインミーティング可)

 

編集部長
編集部長
私たちが、貴社のお店・サービス・イベントなどの情報を発信することで、より多くの人々へ認知してもらうためのサポートになるのであれば、喜んで紹介記事を作成いたします。

このWebメディアが大きつ育つことで、貴社の発展に微力ながらも貢献できるよう日々運営しております。

 

無料サービス】貴社に関する紹介記事を作成・公開します

貴社の店舗キャンプ場その他施設サービス企画しているイベントなど..。

滋賀県内トップのアウトドア情報WebメディアOUTDOOR SHIGA上で、発信したい情報メールまたはInstagramのDMにお送りください!

  • 6件の取材実績あり
  • リピート実績1件あり
  • 完全無料で対応
  • 90〜120分間取材をもとに記事作成
    (*オンライン面談も可)
  • 記事公開後修正・追記何度でも対応
  • 記事の削除依頼にも対応

 

編集部長
編集部長
1回限り!90〜120分お時間をください。 取材を通して、貴社の立場と目的に見合った記事を作成します!

これまでの取材記事を読んでみる。

 

とりあえず、話を聞いてみる







    ※お問合せから、2日以内に返信します。

    関連記事
    キャンピングカーレンタル-カノアカーレンタル-アミティ4WD-朽木オートキャンプ場-宿泊キャンプ 編集部ブログ

    「カノアカーレンタル」さんのキャンピングカー「アミティ4WD」をレンタルして宿泊キャンプを謳歌してきた。

    08/07/2021
    OUTDOOR SHIGA(アウトドアシガ)
    「キャンピングカーをレンタルしてキャンプを謳歌しよう!」 アウトドアシガ編集部初の試み。 今回は、滋賀県長浜市にある「カノアカーレン …