編集部ブログ

奥琵琶湖キャンプ場で紅葉キャンプを謳歌してきた。

今回は、紅葉や落ち葉で色鮮やかな林間キャンプ場「奥琵琶湖キャンプ場」で秋キャンプを謳歌してきました。

本記事ではその様子をお伝えします。

 

1泊2日のキャンプスケジュール

12:30昼食(キャンプ前の腹ごしらえ)
13:30平和堂木之本店で買い出し
15:00チェックイン
15:15設営
16:00場内の散策
17:30焚き火開始
18:30夕食
22:00焚き火終了
23:30就寝
07:30起床
08:00朝ごはん
09:00琵琶湖まで散歩
10:00撤収
11:00チェックアウト
12:00昼食(キャンプ後の腹ごしらえ)
編集部
編集部
1泊2日の秋キャンプのタイムスケジュールです。編集部のキャンプはおおかた上記のようなスローキャンプです。
滋賀キャンプ場-グリム冒険の森オートキャンプ場-ファミリーキャンプ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-BBQ
ゴールデンウィーク明けにグリム冒険の森オートキャンプ場で「大人なスローキャンプ」を謳歌してきた。ゴールデンウィーク明けの平日に、「グリム冒険の森オートキャンプ場」でのんびりキャンプを満喫してきました。本記事では、1泊2日のキャンプの様子をざっくりお伝えします。...

 

秋キャンプの模様

では、ここからはタイムスケジュールに沿って1泊2日のキャンプ模様を紹介していきます!

まずは腹ごしらえ

奥琵琶湖キャンプ場-焚き火-直火-滋賀キャンプ場「號tetsu」

まずは、キャンプ前の腹ごしらえ。

今回は、濃厚鶏白湯「濃厚鶏SOBA」が看板メニューの「號tetsu」に食べにいきました。

編集部
編集部
無茶無茶美味い。
お店號tetsu
Google MAP號tetsu
電話番号0749-63-4340
Webサイトhttps://www.menya-kotetu.com/
Instagram@kotetu5

 

平和堂木之本店で食料を買い出し

キャンプ前の腹ごしらえをした後、道中にある平和堂木之本店でキャンプ飯の買い出しをしました。

 

「奥琵琶湖キャンプ場」にチェックイン

奥琵琶湖キャンプ場「管理棟」

場内へ入場したら「一時駐車場」にクルマを駐車し、管理棟でチェックインを済ませます。

 

設営

サイトへ到着後、早速テントを設営!

今回は、オートサイト「28」を利用させていただきました。

編集部
編集部
林間サイトでありながら大型のドームテントを張っても窮屈感のない素敵なサイトです。また、トイレや炊事場や自動販売機も近くてとても便利です。

 

場内散策

設営を終え、キャンプ場内を散策。

場内全体が紅葉に包まれ、幻想的な雰囲気を満喫できました。

 

焚き火

奥琵琶湖キャンプ場-焚き火-直火-滋賀キャンプ場

夕方からは焚き火を。

「奥琵琶湖キャンプ場」は、直火での利用が許可されている滋賀県内でも数少ないキャンプ場です。

編集部
編集部
直火での焚き火は、焚き火台を使用したモノとは一味違う魅力がありますよね。

直火で焚き火ができる滋賀キャンプ場6選

奥琵琶湖キャンプ場-焚き火-直火-滋賀キャンプ場

終盤には、焼き芋も作りました。

奥琵琶湖キャンプ場-焚き火-直火-滋賀キャンプ場
奥琵琶湖キャンプ場で「直火で焚き火」してきた。「奥琵琶湖キャンプ場」は、滋賀県で秋キャンプを謳歌したいあなたにとって最適なキャンプ場です。赤や黄色に綺麗に染まった紅葉や落ち葉で色鮮やかな森の中で、直火で焚き火したりどこを撮っても絵になる場内を散策したり徒歩3分で湖畔まで散歩に出たり...。実に穏やかな大人なスローキャンプを存分に満喫できます。本記事では、1泊2日の宿泊キャンプで行った直火での焚き火模様を紹介します。...

 

夕食

カルパッチョのサラダ

夕食は、体が温まるシチューをメインに数品作りました。

鶏肉の炒め物_調理過程
鶏肉の炒め物_完成
シチュー

メインのシチュー。

 

就寝

お腹いっぱいに夕食を食べた後は、焚き火の火を処理して0:00を回る前には就寝しました。

 

モーニングコーヒー

モーニングコーヒー

翌朝は7:30頃に起床しました。

朝は昨夜の残り物のシチューとコーヒーを。

編集部
編集部
キャンプ場で飲む朝のコーヒーは格別ですよね!

 

キャンプ場の周辺散策

朝食を終え、コーヒーを飲んだ後は撤収の時間までキャンプ場周辺の散歩へ。

オートサイト「28」からなら、徒歩3分程で琵琶湖までアクセスできます。

特に、朝は空気が澄んでいて素晴らしいレイクビューが望めます。

 

撤収&チェックアウト

「奥琵琶湖キャンプ場」を存分に満喫し、11:00に撤収・チェックアウトを。

編集部
編集部
今年はじめての秋キャンプを存分に謳歌できました!

 

撤収後の腹ごしらえ

「麺や 江陽軒」

キャンプ後もラーメンで腹ごしらえ。

帰りは、「麺や 江陽軒」に立ち寄りました。

お店麺や 江陽軒
Google MAP麺や 江陽軒
電話番号0749-28-3828
Twitter@ko_yo_ken

 

今回利用したキャンプ場「奥琵琶湖キャンプ場」

奥琵琶湖キャンプ場

奥琵琶湖キャンプ場は、滋賀県長浜市西浅井町にある林間のキャンプ場です。

「一年通じて直火OK」、「秋は紅葉キャンプ」を、「冬は雪中キャンプ」を満喫できるとして、県内だけでなく大阪や京都や名古屋など県外の利用者も多く訪れる人気のキャンプ場です。

管理人さん曰く、休日の予約は常に満員でなかなか利用できないので平日に有給を取ってここへキャンプをしにくる利用者も少なくないそうです。

基本情報

施設名奥琵琶湖キャンプ場
所在地〒529-0721 滋賀県長浜市西浅井町大浦1796
Google MAP奥琵琶湖キャンプ場
電話番号0749-89-0121
Webサイトhttps://www.okubiwako-camp.com
営業期間通年
定休日無し
チェックイン時間12:00〜(宿泊棟は14:00〜)
チェックアウト時間〜11:00(宿泊棟は〜10:00)
Google評価数(MAX: 5)4.1
Googleレビュー数183レビュー
予約方法Webサイト、電話

 

魅力

2021年11月中旬の奥琵琶湖キャンプ場
奥琵琶湖キャンプ場の魅力
  • 直火可能なサイトが存在する
  • ペット(犬など)同伴可能
  • 車両の乗り入れ可能
  • 超大型の貸別荘がある
  • 琵琶湖まで徒歩数分でアクセスできる
  • 自然そのままを満喫できる林間サイト
編集部
編集部
中でも、滋賀県内のキャンプ場で「直火で焚き火」ができる施設は稀なので重宝したいですね。

直火で焚き火ができる滋賀キャンプ場6選

また、立木は切らないという方針で自然林をキャンプ場に整備したそうで、クヌギやケヤキなどの林間サイトは雰囲気抜群です。

 

まとめ

本記事が「奥琵琶湖キャンプ場」での秋キャンプの様子が少しでも伝われば幸いです。

 

今回のキャンプメンバー

いつもお世話になっているBurn Freelyの店長(@hirosiiii.126)さんと(@ymk._.o)さんとキャンプをご一緒しました。

編集部
編集部
いつも、ありがとうございます!

 

奥琵琶湖キャンプ場
「奥琵琶湖キャンプ場」|コテージや貸別荘もある直火OKの林間キャンプ場奥琵琶湖キャンプ場は、滋賀県長浜市西浅井町にある林間のキャンプ場です。直火OKやペット同伴可能など、自由度の高いキャンプ場として定評があり、リピーターの多いキャンプ施設です。キャンプサイトだけでなく、バンガロー・コテージ・ヴィラ(貸別荘)もあります。ファミリーキャンプやグループキャンプやソロキャンプなどさまざまなシーンで利用できる人気のキャンプ場と言えるでしょう。...
奥琵琶湖キャンプ場-焚き火-直火-滋賀キャンプ場
奥琵琶湖キャンプ場で「直火で焚き火」してきた。「奥琵琶湖キャンプ場」は、滋賀県で秋キャンプを謳歌したいあなたにとって最適なキャンプ場です。赤や黄色に綺麗に染まった紅葉や落ち葉で色鮮やかな森の中で、直火で焚き火したりどこを撮っても絵になる場内を散策したり徒歩3分で湖畔まで散歩に出たり...。実に穏やかな大人なスローキャンプを存分に満喫できます。本記事では、1泊2日の宿泊キャンプで行った直火での焚き火模様を紹介します。...

 

 

Webメディア「OUTDOOR SHIGA」では、滋賀県で謳歌できるアウトドア情報を発信しています。

Instagram、Twitter、Facebookでしか発信しない情報もあるのでぜひフォローしてください!

Instagramアカウント

Facebookアカウント

Twitterアカウント

あなたに関する記事を
無料で作成します!
取材依頼募集-記事執筆

「滋賀県の法人・個人様限定の取材企画」

OUTDOOR SHIGA編集部は、あなた(御社)が当Webメディアを活用して発信したい記事の作成無料で承っております。

注! 本企画は、完全リモートでの対応となります。

あなたが、①発信したい内容②写真(10枚程度)をお送りください。

ご依頼を承ってから記事公開まで、おおよそ2週間ほどお時間をいただきます。予めご了承下さい。

 

依頼する

 

 

記事公開までの流れ
  1. 下記お問合せフォームからご連絡ください。
  2. 編集部長がZoonなどのビデオ(Web)会議でご対応いたします。
    (所要時間: 約60〜900分間)
  3. ②から14日前後で記事公開します。
    (記事公開前に事前チェック可能です)
  4. 修正点があれば随時メールでご連絡ください。
  • 費用はタダ(0円)で承っております。
  • 記事修正に何度でも対応します。
編集部長
編集部長
記事内容のご相談からでも無料で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

 

\取材対象者さま一覧/

  • アウトドア関係者様
  • アウトドアショップオーナー様
  • キャンプ場運営者様
  • 湖畔のマリーナオーナー様
  • ドッグラン施設運営者様
  • ビワイチ関係者様
  • 県内のホテル運営者様
  • イベント企画者様
  • 他メディア運営者様
  • 企業様(企画・広報担当者さま等)
  • 個人様(キャンパー, SUPインストラクターさま等)

…など滋賀県の事業関係者さま全般

現状は県内のキャンプ情報をメインに取材しておりますが、キャンプ界隈だけでなく琵琶湖でのマリンスポーツ、登山、ビワイチ、ドッグラン施設など、滋賀県のアウトドアに関係することなら何でも取材させて頂きます。

 

当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」運営にかける編集部長の想い

OUTDOORSHIGA-header-logo当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」は、次の信念のもと、私たち編集部が日々全力で運営しております。

 

滋賀県魅力発信することで、
他府県在住方々
滋賀県
誘致する。

そのためには、
観光文化魅力発信といった
アプローチの他に、
滋賀県のアウトドア産業を
盛り上げる
ことも
必至
である。

 

もし、あなた(御社)がこの想いに賛同いただけるなら、ぜひ、周囲のアウトドア事業者の皆様へご共有ください。

私たちOUTDOOR SHIGA編集部の取り組みを周囲へ口コミいただけるほど、情報発信者冥利に尽きることはありません。

 

\24時間以内に返信します/

取材実績3件お問合せ

関連記事
滋賀キャンプ場-グリム冒険の森オートキャンプ場-ファミリーキャンプ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-BBQ 編集部ブログ

ゴールデンウィーク明けにグリム冒険の森オートキャンプ場で「大人なスローキャンプ」を謳歌してきた。

08/05/2021
OUTDOOR SHIGA(アウトドアシガ)
ゴールデンウィーク明けの平日に、「グリム冒険の森オートキャンプ場」でのんびりキャンプを満喫してきました。 本記事では、1泊2日のキャン …
ja