編集部ブログ

【失敗談】“焚き火後の消し炭”や“BBQ後の木炭”用「消し炭用バケツ」にカラースプレー塗装でロゴ入れしてみた。

前回、スケボーテーブルのデッキ面にカラースプレーでロゴ入れしてみたら、かなり良い感じの仕上がりに。

というわけで、今回は、消し炭バケツにロゴ入れしてみた様子をお伝えします。

 

事前準備

キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

用意する材料

  • 消し炭入れバケツ
  • ロゴ入りの印刷用紙
  • カラースプレー
  • 両目テープ
  • 新聞紙
  • 段ボール

用意する道具

  • カッター
  • 定規

 

ロゴ入れの工程

手順表

STEP1事前準備
STEP2ロゴ入れする位置を決定
STEP3ロゴ切り抜き
STEP4両面テープ貼り付け
STEP5バケツ側面にロゴ用紙を貼り付け
STEP6スプレーで塗装

STEP1. 事前準備

完成像をイメージし、必要な材料・道具を準備します。

STEP2. ロゴ入れする位置を決定

キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

まず、ロゴを入れるポジションを決める。

編集部
編集部
前回、印刷したロゴ用紙が余っていたので、それを使用することに。
キャンプ-ソロキャンプ-自作ギア-スケボーテーブル
キャンプ用に自作した「スケボーテーブル」にカラースプレー塗装でロゴ入れしてみた。前回、使わなくなったスノーボードをDIYして「キャンプ用スケボーテーブル」を自作してみた。すると、思いのほか気に入ってしまったので、追加でカスタマイズしてみることにした。今回は、スケボーテーブルに「カラースプレー塗装でロゴ入れ」する様子をお伝えする。...

STEP3. ロゴ切り抜き

キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

次は、ロゴを切り抜く。

前回も行った作業なのでサクッとやってしまいます。

STEP4. 両面テープ貼り付け

キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

用紙裏面に両面テープを貼り付ける作業だ。

出来るだけ隙間が生まれないように余す所なく両面テープを貼っておこう

STEP5. バケツ側面にロゴ用紙を貼り付け

キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

両面テープの貼り付けが出来た後は、バケツ側面のロゴ入れしたい位置に貼り付けます。

STEP6. スプレーで塗装

キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

そして、スプレー塗装。

編集部
編集部
前回同様、“多用途スプレーの艶なしホワイト”を使用します。
キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

厚塗りしすぎました。

満遍なく5、6回スプレーを吹きかけるとこれくらいの厚塗り感が出てしまいます。

編集部
編集部
スプレー噴射は様子を見ながら2、3回がベスト。

STEP7. ロゴ用紙を取り除く

キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

あとは、不要な用紙を取り除けば完成!

しかし、しっかり両面テープで貼り付けたので、テープ跡を除去する手間が増えてしまった..。

編集部
編集部
こうゆう作業は本来、“マスキングテープ”を使用しよう!
キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

ここまで来て、ようやく芽生えた嫌な予感。

編集部
編集部
付着した粘着剤を除去する手間も然る事ながら、このカラースプレーはバケツに合ってないんじゃないか…。
キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

これは、あかん。

 

ロゴ入れ失敗

キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

何が事前準備だ、コノヤロウ。

 

原因

失敗した原因として考えられる理由は2つ。

  1. 厚塗りし過ぎた。
  2. バケツとスプレーの相性が悪い
編集部
編集部
失敗した原因は、恐らく①だろう。

①厚塗りし過ぎ

キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

バケツの側面を見ると、塗装前にガムテープでカバーしていなかった部分に塗装が付着していました。

その部分に付着したスプレーの見栄えはそこまで悪くない。

ということは、欲が出てスプレーを噴射し過ぎたことが失敗の原因ではないか…。

②バケツとスプレーの相性が悪い

キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

注意書をみてみると、“鉄への使用は可能”となっていました。

バケツの素材は、“亜鉛鉄板”なので問題は無いはずだが…。

ということはやっぱり…。

 

まとめ

キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ

と言うことで、やり直し。

一旦カラースプレーは除光液で取り除きました。

編集部
編集部
次回、乞うご期待。
キャンプ-ソロキャンプ-自作ギア-スケボーテーブル
キャンプ用に自作した「スケボーテーブル」にカラースプレー塗装でロゴ入れしてみた。前回、使わなくなったスノーボードをDIYして「キャンプ用スケボーテーブル」を自作してみた。すると、思いのほか気に入ってしまったので、追加でカスタマイズしてみることにした。今回は、スケボーテーブルに「カラースプレー塗装でロゴ入れ」する様子をお伝えする。...

 

あなたに関する記事を
無料で作成します!
取材依頼募集-記事執筆

「滋賀県の法人・個人様限定の取材企画」

OUTDOOR SHIGA編集部は、あなた(御社)が当Webメディアを活用して発信したい記事の作成無料で承っております。

注! 本企画は、完全リモートでの対応となります。

あなたが、①発信したい内容②写真(10枚程度)をお送りください。

ご依頼を承ってから記事公開まで、おおよそ2週間ほどお時間をいただきます。予めご了承下さい。

 

依頼する

 

 

記事公開までの流れ
  1. 下記お問合せフォームからご連絡ください。
  2. 編集部長がZoonなどのビデオ(Web)会議でご対応いたします。
    (所要時間: 約60〜900分間)
  3. ②から14日前後で記事公開します。
    (記事公開前に事前チェック可能です)
  4. 修正点があれば随時メールでご連絡ください。
  • 費用はタダ(0円)で承っております。
  • 記事修正に何度でも対応します。
編集部長
編集部長
記事内容のご相談からでも無料で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

 

\取材対象者さま一覧/

  • アウトドア関係者様
  • アウトドアショップオーナー様
  • キャンプ場運営者様
  • 湖畔のマリーナオーナー様
  • ドッグラン施設運営者様
  • ビワイチ関係者様
  • 県内のホテル運営者様
  • イベント企画者様
  • 他メディア運営者様
  • 企業様(企画・広報担当者さま等)
  • 個人様(キャンパー, SUPインストラクターさま等)

…など滋賀県の事業関係者さま全般

現状は県内のキャンプ情報をメインに取材しておりますが、キャンプ界隈だけでなく琵琶湖でのマリンスポーツ、登山、ビワイチ、ドッグラン施設など、滋賀県のアウトドアに関係することなら何でも取材させて頂きます。

 

当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」運営にかける編集部長の想い

OUTDOORSHIGA-header-logo当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」は、次の信念のもと、私たち編集部が日々全力で運営しております。

 

滋賀県魅力発信することで、
他府県在住方々
滋賀県
誘致する。

そのためには、
観光文化魅力発信といった
アプローチの他に、
滋賀県のアウトドア産業を
盛り上げる
ことも
必至
である。

 

もし、あなた(御社)がこの想いに賛同いただけるなら、ぜひ、周囲のアウトドア事業者の皆様へご共有ください。

私たちOUTDOOR SHIGA編集部の取り組みを周囲へ口コミいただけるほど、情報発信者冥利に尽きることはありません。

 

\24時間以内に返信します/

取材実績3件お問合せ

関連記事
滋賀キャンプ場-グリム冒険の森オートキャンプ場-ファミリーキャンプ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-BBQ 編集部ブログ

ゴールデンウィーク明けにグリム冒険の森オートキャンプ場で「大人なスローキャンプ」を謳歌してきた。

08/05/2021
OUTDOOR SHIGA(アウトドアシガ)
ゴールデンウィーク明けの平日に、「グリム冒険の森オートキャンプ場」でのんびりキャンプを満喫してきました。 本記事では、1泊2日のキャン …
ja