MENU
編集部ブログ

編集部が愛用しているコーヒー道具を紹介。

アウトドアコーヒー-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場-デイキャンプ-宿泊キャンプ

編集部がインドア・アウトドア環境問わず愛用しているコーヒー道具を紹介します。

アウトドア用に“コンパクトで軽くてかっこいい”コーヒー道具の購入を検討しているが、現状ではインドアでも使用している「カリタ(Kalita)」のコーヒー道具をキャンプシーンでも使用しています。

編集部
編集部
素敵なアウトドアコーヒー道具はどこにあるのだろう..。(模索中)

 

編集部愛用のコーヒー道具「カリタ(Kalita)」

コーヒーミル

アウトドアコーヒー-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場-デイキャンプ-宿泊キャンプ手動のコーヒーミルは、「Burn Freely」(滋賀県東近江市五個荘町)で購入したものを利用している。

  • 縦: 約14cm
  • 直径: 約5cm
編集部
編集部
①コンパクトな事、②セラミック製の刃である事、③ステンレス製で見た目がスマートな事の3点からこのミルを選びました。
キャンプ, BBQ, チェアリング, アウトドアコーヒー, コーヒーミル, 手入れ
琵琶湖キャンプやチェアリング時に愛用しているコーヒーミルの手入れの様子を紹介。琵琶湖の湖畔でキャンプやBBQやチェアリングの際に、必ず淹れるアウトドアコーヒー。珈琲豆を購入し挽いて淹れるまでのこの過程を自身で行うからこそ、アウトドアコーヒーは美味しく感じます。今回は、そんな至福のカフェタイム演出で活躍してくれるコーヒーミルの手入れの様子をお伝えします。...

ドリップポット

アウトドアコーヒー-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場-デイキャンプ-宿泊キャンプカリタのコーヒードリップポット(1L)。

注ぎ口が細く、ハンドドリップに最適なドリップポットとして定評があります。

編集部
編集部
①錆が発生しにくい事、②丈夫なステンレス製で見た目もスマートな事からこのドリップポットを選びました。
アウトドアコーヒー-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場-デイキャンプ-宿泊キャンプ
焚き火の火中で沸かしたお湯で淹れるコーヒーは別格に美味しく感じた4月の中旬。4月中旬、晴れの日。滋賀県東近江市黄和田町にある「黄和田キャンプ場」で、焚き火の火に直接ポットを入れて沸かしたお湯でアウトドアコーヒーを満喫しました。そんなアウトドアコーヒーシーンをお伝えします。...

コーヒードリッパー

アウトドアコーヒー-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場-デイキャンプ-宿泊キャンプカリタのコーヒードリッパー。

Kalitaと波佐見焼のコラボレーションから生まれたカリタ式三つ穴ドリッパーです。

編集部
編集部
①白色である事、②ドリッパーの内側に刻まれたリブが機能的且つかっこいい事からこのドリッパーを選びました。
黄和田キャンプ場-アウトドアコーヒー-コーヒー-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
黄和田キャンプ場で「アウトドアコーヒー」を満喫してきた。春先、平日の午後。編集部は、「黄和田キャンプ場」へデイキャンプへ。カップラーメンを作って食べたり、焚き火をしたり...。もちろん、アウトドアコーヒーも満喫してきた。今回は、黄和田キャンプ場でのコーヒーシーンをお伝えする。...

コーヒーサーバー

アウトドアコーヒー-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場-デイキャンプ-宿泊キャンプカリタのコーヒーサーバー。

2〜4名用で活躍してくれる珈琲サーバーです。

編集部
編集部
①耐熱ガラス製で電子レンジでの使用も可能な事、②取手の部分までガラス製でシンプルである事からこのコーヒーサーバーを選びました。
深山キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
春先の快晴の日に深山キャンプ場で「アウトドアコーヒー」を満喫してきた。春先のとある快晴の日。編集部は、「深山キャンプ場」へデイキャンプへ。キャンプ飯を作ったり、焚き火をしたり...もちろん、アウトドアコーヒーも満喫してきました。今回は、深山キャンプ場でのコーヒーシーンをお伝えします。...

 

まとめ

アウトドアコーヒー-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場-デイキャンプ-宿泊キャンプインドア、アウトドア問わずどこでもでもコーヒーを飲みたくなる編集部。

現在は、アウトドア環境でもこのカリタのコーヒー道具をメインに使用しているが、今後アウトドア専用のコーヒー道具を揃える日がそう遠くないかもしれません…。

編集部のアウトドアコーヒー模様
アウトドアコーヒー-南三ツ谷公園-琵琶湖-湖畔
琵琶湖の湖畔にある南三ツ谷公園でチェアリングしながら「アウトドアコーヒー」を満喫してきた。2021年3月上旬。編集部は、無料でキャンプやBBQが出来る「南三ツ谷公園」でチェアリングしながらアウトドアコーヒーを満喫してきました。喧騒から離れ、冬の自然の中で飲むコーヒーは格別の味。そんなプチ贅沢なカフェタイムをお届けします。...
黄和田キャンプ場-アウトドアコーヒー-コーヒー-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
黄和田キャンプ場で「アウトドアコーヒー」を満喫してきた。春先、平日の午後。編集部は、「黄和田キャンプ場」へデイキャンプへ。カップラーメンを作って食べたり、焚き火をしたり...。もちろん、アウトドアコーヒーも満喫してきた。今回は、黄和田キャンプ場でのコーヒーシーンをお伝えする。...
アウトドアコーヒー-庭-カリタ-コーヒーミル-コーヒーポット-コーヒードリッパー
いきなりキャンプはハードルが高いなら、まずは「庭でチェアリングコーヒー」から初めてみませんか?3月中旬の昼下がり。とある庭でゆっくりとアウトドアコーヒーを満喫しました。鳥の囀りを聴きながら小自然の中で飲むコーヒーは格別の味。自宅の庭やベランダは、キャンプやBBQと比べると、道具も時間もコストも限りなく抑えながらアウトドアを満喫できる贅沢環境です。キャンプ熱があなたの中で燻っているなら、騙されたと思ってまずは身近なアウトドアをあなたなりに愉しんでみてはいかがでしょうか。...
編集部が愛飲する珈琲豆をチェック
アウトドアコーヒー-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場-デイキャンプ-宿泊キャンプ
編集部がアウトドアコーヒーに愛飲している深煎りのコーヒー豆を4種類紹介。アウトドアシガ編集部が普段キャンプシーンで愛飲している珈琲豆を4種類紹介する。本記事内で、それぞれのコーヒー豆を用いてアウトドアコーヒーを満喫している様子を合わせて紹介しているのでぜひチェックしてみて欲しい。...
コーヒーと相性抜群のキャンプスイーツ
キャンプスイーツ-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場-デイキャンプ-宿泊キャンプ
アメリカンキャンプの定番デザート「スモア」を作ってみた。編集部は、焚き火の火を利用して、「スモア」を作ってみました。「スモア」とは、アメリカやカナダのキャンプで定番のデザートです。苦釣り方は至って簡単。焼いたマシュマロとチョコレートをクラッカーやビスケットで挟むだけ!初めて作って食べたが、今回のキャンプですっかり味を占めてしまいました。兎に角、コーヒーとの相性が抜群!...
キャンプ料理-キャンプ飯-キャンプスイーツ-スキレット-焼きチョコバナナ
スキレットだけで簡単に作れるキャンプスイーツ「焼きチョコバナナ」を15時のおやつに作ってみた。今回は、キャンパー界隈で話題の簡単に作れるキャンプスイーツ「焼きチョコバナナ」作りに挑戦しました。「焼きチョコバナナ」は、キャンプ初心者・料理初心者でも手軽に作れる為、朝食や15時のカフェタイムにおすすめできるキャンプスイーツの一つです。スキレット1つあれば手間も時間も掛からず簡単に美味しく作れるスイーツなので当コンテンツをぜひ参考にして作ってみて欲しい。...

 

【完全無料】滋賀県内のアウトドア事業者様限定企画|貴社が発信したい紹介記事を作成します!

滋賀県のアウトドア業界をさらに盛り上げるべく、県内のアウトドア事業者さまを対象に、無料の取材企画を実施しています!

これまでの取材記事を読んでみる。

 

6件の取材実績

滋賀県内のアウトドア事業者さま6社への取材実績があります。

(※うち2件は完全オンライン取材)

 

①アウトドアショップ「Burn Freely(東近江市)」[2記事]

滋賀県-アウトドアショップ-BurnFreelyBurn Freely
滋賀県-アウトドアショップ-BurnFreely
滋賀県東近江市にあるアウトドアショップ「Burn Freely」皆さんは、キャンプ道具をどこで手に入れているだろうか。近くに素敵なアウトドアショップがなく、購入は常にオンラインの方も少なくないだろう。本記事では、滋賀県東近江市にあるアウトドアギアとインテリア雑貨を取扱うセレクトショップ「Burn Freely」をご紹介する。(※本記事は、「Burn Freely」さんに取材させて頂いた情報を元に作成しております。)...
BurnFreely-店長-渚鋤さん-インタビュー
キャンプ歴約10年の大ベテラン「Burn Freely」店長の渚鋤さんにキャンプとは?を問うてみた。「Burn Freelyへの取材企画」第2弾。第2弾は、Burn Freely店長の渚鋤(すすき)さんへのインタビュー。キャンプを始めたきっかけから最近のキャンプブームのあれこれまで...渚鋤さんに根掘り葉掘り取材をさせていただきました。本記事を読めば、圧倒的なアウトドア経験を持つ店長直伝のキャンプの愉しみ方や知っておいて損はないキャンプノウハウなど、あなたのキャンプをさらに謳歌するためのヒントが得られるでしょう。...

 

②キャンピングカーレンタル「kanoa car rental(長浜市)」[5記事]

カノアベース-カノアカーレンタル-キャンピングカーレンタル-kanoabasekanoa base

※リピートいただきました!

カノアベース-カノアカーレンタル-キャンピングカーレンタル-kanoabase
カノアカーレンタルさんの新拠点「カノアベース(kanoabase)」は、キャンピングカー10台以上収納できる2階建ての超大型ファクトリーだった。キャンピングカーレンタル滋賀 カノアカーレンタルさんの新拠点「カノアベース(kanoabase) キャンピングカーファクトリー滋賀」が、ついに本格始動しました!本記事を読めば、新拠点「カノアベース(kanoabase)」稼働に至るまでの背景や長谷さんが作り上げるカノアの世界観を知ることができます。...
滋賀-キャンピングカーレンタル-カノアカーレンタル
滋賀県長浜市にあるキャンピングカーレンタル屋さん「kanoa car rental(カノアカーレンタル)」「一度はキャンピングカーに乗ってキャンプやお出かけしてみたい!」そんな想いを抱く方は多いのではないだろうか。 ・キャンピングカーでキャンプへ繰り出したい ・愛子が喜ぶ非日常なファミリーキャンプをしたい ・ペットと共にお出かけしたい ・コロナ禍でも日本を旅したい ・グループ全員で長距離を移動したい...など 本記事では、そんな願いを叶えてくれるキャンピングカーのレンタルサービスを行う「カノアカーレンタル」について紹介する。コロナ禍の昨今、以前の様にのびのび外出できない中でも、「キャンピングカーをレンタルしてプライベートな旅行を楽しむ」と言う“非日常な旅行体験”は、今楽しめる数少ないレジャーの選択肢のひとつとして検討してみても良いのではないだろうか。...
滋賀-キャンピングカーレンタル-カノアカーレンタル
「カノアカーレンタル」店主の長谷さんにキャンプとは?を問うてみた。「キャンピングカーレンタル滋賀 カノアカーレンタルへの取材企画」第2弾。第2弾は、カノアカーレンタル店主の長谷(はせ)さんへのインタビュー。長谷さんの学生時代からキャンピングカーレンタルを始めるきっかけまで...長谷さんに根掘り葉掘り取材をさせていただいた編集部。本記事を含む“カノアカーレンタルへの取材企画全弾”を読めば、キャンピングカーに対するイメージの変化やレンタルした場合の具体的な予算感など、あなたのキャンプをさらに謳歌するためのヒントが得られます!...
カノアカーレンタルでレンタルできるキャンピングカー「アミティ4WD」7月初旬。編集部は、キャンピングカーレンタル滋賀 カノアカーレンタルにて“アミティ4WD”をレンタルして1泊2日の宿泊キャンプを謳歌してきました。編集部にとって、今回が初めてのキャンピングカー利用だったが、大満足にキャンプを謳歌できました。一生モノの非日常体験を経験しました。本記事では、編集部がレンタルしたキャンピングカー「アミティ4WD(AMITY)」について簡単に紹介します。 アミティ4WDは、こんな人向けのキャンピングカー。 ・キャンピングカーを初めて運転する方 ・大型車両の運転に自信がない方 ・街乗りで利用したい方 ・キャンピングカーで琵琶湖一周を検討している方 ・少人数(2〜6名)で利用したい方...
キャンピングカーレンタル-カノアカーレンタル-アミティ4WD-朽木オートキャンプ場-宿泊キャンプ
「カノアカーレンタル」さんのキャンピングカー「アミティ4WD」をレンタルして宿泊キャンプを謳歌してきた。今回は、滋賀県長浜市にある「カノアカーレンタル」さんでアミティ4WDをレンタルして満喫した1泊2日のキャンプの模様をお伝えします。編集部がキャンピングカーを実際に使用している様子や掛かった費用などを見ることで、本記事があなたのキャンピングカーデビューの後押しになれば幸いです。...

 

③キャンプ場「森のHoliday(高島市)」[3記事]

滋賀キャンプ場-森のHoliday-湖畔キャンプ場-林間キャンプ場-ブッシュクラフト-野営-直火森のHoliday
滋賀キャンプ場-森のHoliday-湖畔キャンプ場-林間キャンプ場-ブッシュクラフト-野営-直火
「森のHoliday」|滋賀県高島市にある森林サイトでブッシュクラフトを満喫できる湖畔キャンプ場森のHolidayは、滋賀県高島市安曇川町北船木にある湖畔キャンプ場です。(2021年4月オープン)ご夫婦2人でキャンプ場を運営されており、現在は土・日曜日の週末限定営業です。コンセプトは「利用者が元気になって帰って頂けるキャンプ場を運営する」。大自然のままをキャンプ場にしており、自然を壊さないように丁寧に場内環境を日々整備されています。...
滋賀キャンプ場-森のHoliday-湖畔キャンプ場-林間キャンプ場-ブッシュクラフト-野営-直火
「森のHoliday」オーナーの影山さんにキャンプとは?を問うてみた。「滋賀県のアウトドア関係者への取材企画」第3弾。第3弾は、キャンプ場「森のHoliday」オーナーの影山さんへのインタビューです。影山さんのキャンプ遍歴からキャンプ場をオープンするきっかけまで...根掘り葉掘り取材をさせていただいた編集部。本記事を含め「森のHoliday」への取材企画全弾を読めば、「森のHoliday」で満喫できるキャンプのイメージや自然と共存することの大切さなど、あなたのキャンプをさらに謳歌するためのヒントが得られるでしょう。...
滋賀キャンプ場-森のHoliday-湖畔キャンプ場-林間キャンプ場-ブッシュクラフト-野営-直火
JBS公式ブッシュクラフトアドバイザーの資格を持つ影山さんのワークショップを体験してみた。高島市にある湖畔キャンプ場「森のHoliday」を取材で訪れたその日に、オーナーの影山さんが特別にワークショップを行ってくださいました。(※本来なら、事前予約が必須です)本記事では、①「森のHoliday」で体験できるワークショップ一覧、②編集部が体験した2つのワークショップの模様の2つを紹介します。...

 

④アウトドアショップ「GEARFT(大津市)」[2記事]

GEARFT
2022年11月オープン!滋賀県大津市のアウトドアショップ「GEARFT(ギアフト)」「GEARFT(ギアフト)」は、2022年11月にオープンしたアウトドアショップです。場所は滋賀県大津市の桐生(きりゅう)。桐生には「桐生キャンプ場(近江湖南アルプス自然休養林 治山の森)」と「鶏冠山(とさかやま)」があり、アウトドアを存分に謳歌する環境が整っているエリアです。そんな自然豊かな地域でアウトドアを満喫する人々の集いの場となるべく「GEARFT」はスタートしました。...
「GEARFT(ギアフト)」店長の野田さんとEC担当の山田さんにキャンプとは?を問うてみた。2022年11月14日(月)。滋賀県大津市桐生にアウトドアショップ「GEARFT(ギアフト)」がオープンしました。"アウトドアを通して日々のストレスを緩和する"をコンセプトに野田さん、山田さんのおふたりでショップを開業。おふたりがお店をオープンするに至った経緯やそれぞれの人生初キャンプについてなど根掘り葉掘り取材をさせていただきました。...

 

⑤アウトドアショップ「7th9LODGE(草津市)」[2記事]

7th9LODGE
2023年3月オープン!滋賀県草津市の琵琶湖岸沿いにあるアウトドアショップ「7th9LODGE(セブンスナインロッジ)」「7th9LODGE(セブンスナインロッジ)」は、2023年3月18日(土)オープンしたアウトドアショップです。場所は草津市の琵琶湖岸沿い。道の駅「草津ロックベイガーデン」内にあります。同店、滋賀県内の他店舗とは一味違うんです!キャンプ・BBQ・釣り・アパレルの商品を幅広く展開されている店内。店舗前には、お子様向けの釣り体験コーナーが「7th9LODGE」は、琵琶湖でアウトドアを満喫したいあなたにとって、まさにピッタリなお店なんです。...
「7th9LODGE」の店長大角さんにキャンプとは?を問うてみた。2023年3月18日(土)。滋賀県草津市、道の駅「草津ロックベイガーデン」内にアウトドアショップが「7th9LODGE(セブンスナインロッジ)」オープンしました!この記事は、「7th9LODGE」の店長大角(おおすみ)さんにオンライン取材させて頂いた情報を元に作成しております。...

 

⑥琵琶湖のバスフィッシングルアー専門店「Fish! tackle shop(草津市)」[2記事]

Fish! tackle shop
滋賀県草津市にある琵琶湖のバスフィッシングルアー専門店「Fish! tackle shop」「Fish! tackle shop(フィッシュ! タックルショップ)」は、滋賀県草津市の道の駅「草津ロックベイガーデン」内にある、琵琶湖のバスフィッシングを中心としたルアー専門店です。...
「Fish! tackle shop」の店長澤井さんにとって釣りとは?を問うてみた。琵琶湖のバスフィッシングを中心としたルアー専門店「Fish! tackle shop」のオーナー澤井さんに、取材させていただきました。...

 

\ここからチェック/

取材記事を読む

 

私たちの集客力について

2022年8月-2023年7月の1年間
平均 PV数48,400(/月)
平均 訪問者数26,400人(/月)

*PV数: ページビュー数

当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」をぜひ活用ください!

貴社が発信したいお店、サービス、イベント情報を、月間およそ2万5千人の方々に向けて届けられます。

費用は完全無料。

業務の合間に、90分〜120分間取材の時間をお取りいただければ、取材日から14日後には集客を開始できます。
(※オンラインミーティング可)

 

編集部長
編集部長
私たちが、貴社のお店・サービス・イベントなどの情報を発信することで、より多くの人々へ認知してもらうためのサポートになるのであれば、喜んで紹介記事を作成いたします。

このWebメディアが大きつ育つことで、貴社の発展に微力ながらも貢献できるよう日々運営しております。

 

無料サービス】貴社に関する紹介記事を作成・公開します

貴社の店舗キャンプ場その他施設サービス企画しているイベントなど..。

滋賀県内トップのアウトドア情報WebメディアOUTDOOR SHIGA上で、発信したい情報メールまたはInstagramのDMにお送りください!

  • 6件の取材実績あり
  • リピート実績1件あり
  • 完全無料で対応
  • 90〜120分間取材をもとに記事作成
    (*オンライン面談も可)
  • 記事公開後修正・追記何度でも対応
  • 記事の削除依頼にも対応

 

編集部長
編集部長
1回限り!90〜120分お時間をください。 取材を通して、貴社の立場と目的に見合った記事を作成します!

これまでの取材記事を読んでみる。

 

とりあえず、話を聞いてみる







    ※お問合せから、2日以内に返信します。

    関連記事