編集部ブログ

六ツ矢崎浜オートキャンプ場で宿泊キャンプを謳歌してきた。

今月26日に琵琶湖岸の公園駐車場及び一部の湖岸キャンプ場の閉鎖が解除されたので、早速宿泊キャンプに出かけた編集部。

今回はゴールデンウィーク以降閉鎖されていた「六ツ矢崎浜オートキャンプ場」でのスローキャンプの様子を時系列で紹介します。

こんな人に読んでほしい

・六ツ矢崎浜オートキャンプ場の利用を検討している
・編集部のキャンプ模様を知りたい
・宿泊キャンプの流れを大まかに把握したい

六ツ矢崎浜オートキャンプ場でSUPを謳歌してきた。

 

六ツ矢崎浜オートキャンプ場

滋賀キャンプ場-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-琵琶湖キャンプ-湖畔キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-ペット場内入り口からの景色

六ツ矢崎浜オートキャンプ場は、滋賀県大津市にある琵琶湖の湖畔キャンプ場です。

編集部
編集部
「一般サイト」と「ペットサイト」の2サイトがあり、計107台の車を収容できます。

特徴

滋賀キャンプ場-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-琵琶湖キャンプ-湖畔キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-ペット
  • 琵琶湖の景色を満喫できる
  • 完全予約制のキャンプ場
  • サイトまで車を乗り入れできる
  • ペット専用サイト有り
  • 朝日が眺望できる
  • ゴミ・炭を捨てて帰れる

「六ツ矢崎浜オートキャンプ場」の詳細情報

 

キャンプ模様

チェックイン

滋賀キャンプ場-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-琵琶湖キャンプ-湖畔キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-ペット管理棟でチェックイン。(14:00頃)

チェックインは、12:00〜。

編集部
編集部
「六ツ矢崎浜オートキャンプ場」は、料金が良心的ですよね。

平日の宿泊料金(/泊)

大人(高校生以上)¥1,000
子供(小・中学生)¥600

(※未就学児: 無料)

駐車料金

¥1,000
大型車¥2,000
オートバイ¥500

(※ペット同伴: 500円)

「六ツ矢崎浜オートキャンプ場」の詳細情報

滋賀キャンプ場-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-琵琶湖キャンプ-湖畔キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-ペット「六ツ矢崎浜オートキャンプ場」は、第1回キャンプシュラン2020の金賞を受賞しているキャンプ場です。

第1回キャンプシュラン2020とは、キャンプ女子株式会社が主催する、“応援したいキャンプ場やキャンプ文化の発展に貢献した人物・団体の総選挙だ。

【2020年キャンプ場部門各賞(3賞)】
①「金賞」②「銀賞」③「キャンパーオブザイヤー賞」

滋賀キャンプ場-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-琵琶湖キャンプ-湖畔キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-ペット
滋賀キャンプ場-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-琵琶湖キャンプ-湖畔キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-ペット

メンバーズカードの存在はご存知でしょうか。

編集部
編集部
スタンプが5つ貯まると次回の駐車料金が無料になる嬉しいサービスです。

サイトの場所取り

滋賀キャンプ場-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-琵琶湖キャンプ-湖畔キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-ペットチェックインを済ませたら、早速サイト位置の確保へ。

編集部
編集部
車はサイトまで乗り入れできますよ。

設営

滋賀キャンプ場-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-琵琶湖キャンプ-湖畔キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-ペットサイトを確保できれば、早速設営。(14:30頃開始)

今回の宿泊キャンプは、2名と少人数でのキャンプだったので、各自小型のテントとタープを設営しました。

編集部
編集部
この時期のキャンプは、タープが必須ですね。

散策

滋賀キャンプ場-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-琵琶湖キャンプ-湖畔キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-ペット設営を終え、夕食までは基本的にゆったりして過ごすことが多です。

編集部
編集部
折角なので、キャンプ場内を散歩しました。

滋賀キャンプ場-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-琵琶湖キャンプ-湖畔キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-ペット六ツ矢崎浜オートキャンプ場の魅力のひとつは、やはり“サイトから眺望できる琵琶湖の景色”。

編集部
編集部
他の利用者のサイトを参考にしながら、散歩を満喫しました。

夕飯

宿泊キャンプ-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-2021年6月23日-夕食この日は、3品のメイン料理とおつまみを少々。(18:00頃開始)

  • 麻婆茄子
  • おでん(市販)
  • 肉巻き
宿泊キャンプ-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-2021年6月23日-夕食
宿泊キャンプ-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-2021年6月23日-夕食
編集部
編集部
このほか、キムチなどお酒に合うつまみをつつきながらゆっくりキャンプ飯を楽しみました!

焚き火

宿泊キャンプ-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-2021年6月23日-焚き火夕食後は、焚き火。(20:30頃開始)

編集部
編集部
焚き火を愉しめる季節もあと少しですね。

ちなみに、ここ最近は「BLACKSMITH_HMD」さんの焚き火台「DINE」がお気に入りで愛用しています。

編集部が使用したことのある焚き火台3選

就寝

宿泊キャンプ-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-2021年6月23日-就寝焚き火を謳歌した後、就寝。(だいたい0時過ぎ)

場内で野良猫を見かけたので、就寝前にある程度ゴミや食器を片付けておいた方がいいでしょう。(2021年6月23日現在。)

朝日を眺望

宿泊キャンプ-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-2021年6月24日朝日翌朝04:55。

天候にも恵まれて、朝日を観ることができました。

編集部
編集部
朝日が障害物なく綺麗に眺望できることも「六ツ矢崎浜オートキャンプ場」の魅力のひとつですよね。

朝食

宿泊キャンプ-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-2021年6月24日-朝食朝食は、いつも簡単に済ませている編集部。(07:00頃)

  • 肉まん
  • ソーセージ
  • フルーツ
編集部
編集部
肉まんは、ホットサンドメーカーで焼き上げました。

ほとんどのキャンプでは、先日の夕食で食べすぎる・飲みすぎるので翌朝は、ホットサンドとコーヒー程度で済まします。

撤収・チェックアウト

滋賀キャンプ場-六ツ矢崎浜オートキャンプ場-琵琶湖キャンプ-湖畔キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火-ペット朝食後、10:00頃までのんびり過ごしてようやく撤収開始。

編集部
編集部
この時期の撤収は、汗をかきがち…。制汗シートなど用意しておいた方がいいでしょう。

撤収後は、忘れ物やゴミの拾い残しを確認してチェックアウト。

 

まとめ

いかがでしたか。

本記事が、六ツ矢崎浜オートキャンプ場の利用を検討している方や宿泊キャンプの様子を知りたい方の参考になっていれば幸いです。

「六ツ矢崎浜オートキャンプ場」の紹介記事

「六ツ矢崎浜オートキャンプ場」でSUPを謳歌してきた。

 

 

Webメディア「OUTDOOR SHIGA」では、滋賀県で謳歌できるアウトドア情報を発信しています。

Instagram、Twitter、Facebookでしか発信しない情報もあるのでぜひフォローしてください!

Instagramアカウント

Facebookアカウント

Twitterアカウント

 

あなたに関する記事を
無料で作成します!
取材依頼募集-記事執筆

「滋賀県の法人・個人様限定の取材企画」

OUTDOOR SHIGA編集部は、あなた(御社)が当Webメディアを活用して発信したい記事の作成無料で承っております。

注! 本企画は、完全リモートでの対応となります。

あなたが、①発信したい内容②写真(10枚程度)をお送りください。

ご依頼を承ってから記事公開まで、おおよそ2週間ほどお時間をいただきます。予めご了承下さい。

 

依頼する

 

 

記事公開までの流れ
  1. 下記お問合せフォームからご連絡ください。
  2. 編集部長がZoonなどのビデオ(Web)会議でご対応いたします。
    (所要時間: 約60〜900分間)
  3. ②から14日前後で記事公開します。
    (記事公開前に事前チェック可能です)
  4. 修正点があれば随時メールでご連絡ください。
  • 費用はタダ(0円)で承っております。
  • 記事修正に何度でも対応します。
編集部長
編集部長
記事内容のご相談からでも無料で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

 

\取材対象者さま一覧/

  • アウトドア関係者様
  • アウトドアショップオーナー様
  • キャンプ場運営者様
  • 湖畔のマリーナオーナー様
  • ドッグラン施設運営者様
  • ビワイチ関係者様
  • 県内のホテル運営者様
  • イベント企画者様
  • 他メディア運営者様
  • 企業様(企画・広報担当者さま等)
  • 個人様(キャンパー, SUPインストラクターさま等)

…など滋賀県の事業関係者さま全般

現状は県内のキャンプ情報をメインに取材しておりますが、キャンプ界隈だけでなく琵琶湖でのマリンスポーツ、登山、ビワイチ、ドッグラン施設など、滋賀県のアウトドアに関係することなら何でも取材させて頂きます。

 

当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」運営にかける編集部長の想い

OUTDOORSHIGA-header-logo当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」は、次の信念のもと、私たち編集部が日々全力で運営しております。

 

滋賀県魅力発信することで、
他府県在住方々
滋賀県
誘致する。

そのためには、
観光文化魅力発信といった
アプローチの他に、
滋賀県のアウトドア産業を
盛り上げる
ことも
必至
である。

 

もし、あなた(御社)がこの想いに賛同いただけるなら、ぜひ、周囲のアウトドア事業者の皆様へご共有ください。

私たちOUTDOOR SHIGA編集部の取り組みを周囲へ口コミいただけるほど、情報発信者冥利に尽きることはありません。

 

\24時間以内に返信します/

取材実績3件お問合せ

関連記事
キャンプ-ソロキャンプ-自作ギア-メスティン-ロゴ入れ-キャンプ飯=キャンプ料理-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ 編集部ブログ

100円ショップ“ダイソー”で購入した「メスティン」にカラースプレー塗装でロゴ入れしてみた。

18/03/2021
OUTDOOR SHIGA(アウトドアシガ)
キャンプ飯の「トマトチーズリゾット」や「カレーライス」を作る際に大活躍しているメスティン。 このメスティンをアウトドアシガ編集部仕様に …
キャンプ-ソロキャンプ-琵琶湖キャンプ-滋賀キャンプ-自作ギア-焚き火-消し炭バケツ 編集部ブログ

【失敗談】“焚き火後の消し炭”や“BBQ後の木炭”用「消し炭用バケツ」にカラースプレー塗装でロゴ入れしてみた。

15/03/2021
OUTDOOR SHIGA(アウトドアシガ)
前回、スケボーテーブルのデッキ面にカラースプレーでロゴ入れしてみたら、かなり良い感じの仕上がりに。 というわけで、今回は、消し炭バケツ …
ja