滋賀キャンプ場

「黄和田キャンプ場」|滋賀県内でも稀有な直火OKの大人気キャンプ場

滋賀県に緊急事態宣言が発令していたため、黄和田キャンプ場は2021年9月30日(木)まで、臨時休業していました。

現在は、通常営業されています。

・閉鎖期間: 8月30日(月)~9月30日(木)
・営業開始日: 10月1日(金)

黄和田キャンプ場(東近江市公式観光サイト)

 

ーここからが本文ですー

黄和田キャンプ場は、滋賀県東近江市黄和田町にあるキャンプ場です。

県内のキャンプ場の中でも直火OKなサイトは稀で、近畿圏のキャンパーが平日・休日関係なく訪れるホットなキャンプ場です。

特に休日や祝日はサイトが常に満杯状態で、場所取りどころかチェックインの受付待ちの車の渋滞で、なかなかキャンプ場内に入れなくなります。

一方で、炊事棟やゴミステーションなどは設備されていません。お湯が出るキャンプ場やコテージが設備されているキャンプ場を利用したい方は、他の県内キャンプ場の利用をおすすめします。(冬場は特に!)

人気のあるキャンプ場ではありますが、場内環境を鑑みるとある程度経験を積んだキャンパー向けのキャンプ場だと言えるかもしれません。

直火で焚き火ができる滋賀キャンプ場6選

温泉施設のある滋賀キャンプ場5選

宿泊施設が完備された滋賀キャンプ場18選

 

黄和田キャンプ場の特徴
  • 全サイト直火OK
  • 林間サイト・フリーサイトの2サイト
  • チェックイン・チェックアウトが自由(※管理人への連絡必要)
  • 夏場は川遊びが出来る(神崎川)
  • 営業期間は4月〜11月
  • 簡易水洗トイレ(洋式×2/和式×1/トイレットペーパー持参)
  • シャワー無し(車で18分圏内に温泉施設有り)
  • 炊事場(フリーサイト×3/林間サイト×2)
  • ゴミはすべて持ち帰り
  • 女性専用の仮設トイレが新設(2021年10月27日現在)

 

基本情報

施設名黄和田キャンプ場
所在地〒527-0205 滋賀県東近江市黄和田町573
Google MAP黄和田キャンプ場
電話番号0748-29-0828
Webサイト
営業期間4月〜11月(冬季利用は電話で確認)
定休日無し(4月〜11月中)
チェックイン時間NA(電話確認をおすすめする)
チェックアウト時間NA(電話確認をおすすめする)
日帰り利用NA(電話確認をおすすめする)
Google評価数(MAX: 5)4.0
Googleレビュー数173レビュー
注意事項ゴミは各自持ち帰り
炭は各自持ち帰り
炊事棟は無し
予約方法電話
場内管理者地方自治会

 

特徴

黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

黄和田キャンプ場の特徴は、4点。

  • 直火OK
  • 川遊びができる
  • チェックイン・アウトが県内一柔軟
  • ペット同伴がOK
黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
編集部
編集部
滋賀県にはキャンプ場が45ヶ所以上存在しますが、直火が許可されているキャンプ場はごくわずかなので、「黄和田キャンプ場」も重宝したいキャンプ場の一つです。
黄和田キャンプ場-直火OK-焚き火-滋賀キャンプ場-東近江市直火で焚き火

編集部も「黄和田キャンプ場」を利用する場合は直火で焚き火を満喫しています。

黄和田キャンプ場で直火で焚き火してきた。

 

施設情報

黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

キャンプ場内には、大きく分けて下記2サイトがあります。

  • フリーサイト
  • 林間サイト
編集部
編集部
それぞれのサイトを詳しく紹介します!

「フリーサイト」

黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火場内入り口からの眺め

「フリーサイト」は、砂利・砂地環境で空が開けた開放感のあるサイトで、車やバイクでサそのまま乗り入れできます。

編集部
編集部
トイレや水場の近くを陣取りたい方は、「フリーサイト」の利用をおすすめします。
黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火フリーサイト中央からの眺め

「フリーサイト」なので区画は無く、先着順で場所を確保します。(※予約不可能)

編集部
編集部
「フリーサイト」は、日差しをダイレクトで受けるので夏場はタープ必須、(十分な暑さ対策が必須!)秋口から冬場はストーブや薪ストーブ必須(氷点下を下回ります)です。
黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

「フリーサイト」は、木々が無く空がひらけているので夜間は満点の星空を眺めることができます。

黄和田キャンプ場-カップラーメン-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
冬の黄和田キャンプ場で「カップラーメン」を食べた話。3月、快晴の日。編集部は、「黄和田キャンプ場」へデイキャンプに出かけました。そこで昼間に食べたカップラーメンが美味しすぎたので、その様子をお伝えします。...
黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

天気が良いと、平日でも混雑が予想されます。

編集部
編集部
大阪や京都や三重など、近隣府県からの利用者が多い印象です。

区画

環境土・砂利
定員(最大人数)NA
ペット同伴可能
駐車スペース乗り入れ可能

 

「林間サイト」

黄和田キャンプ場-焚き火-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ

「林間サイト」も、砂利・砂地のサイト環境です。

「フリーサイト」と異なり、林間にそれとなく区画が存在するので他の利用者と一定の距離感を保ってキャンプを満喫することができます。

黄和田キャンプ場-焚き火-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ

「オートサイト」同様に、サイトのすぐ側を「神崎川」の清流が流れており、夏場は川遊びメインで当キャンプ場を利用する方も大勢います。

東近江市を流れる神崎川付近の川辺キャンプ場6選

焚き火-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場

「林間サイト」でも、直火で焚き火を行うことができます。

黄和田キャンプ場で「直火で焚き火」を謳歌してきた。

直火で焚き火ができる滋賀キャンプ場6選

区画

環境土・砂利
定員(最大人数)NA
ペット同伴可能
駐車スペース乗り入れ可能

 

「共有施設」

管理事務所

黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

場内入り口にある、黄和田キャンプ場の事務所。

黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

キャンプ場を利用する際は、ここで使用料を支払います。

編集部
編集部
もし管理人がその場にいなければ、料金は後払いです。管理人が定期的に場内を見回りするのでその際に払いましょう。また、コロナウイルス感染対策の一環として、入場規制を行っているので、キャンプ場入場前に電話しておくと安心です。
黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

事務所にスタッフが居なければ、下記のいずれかの番号に電話しましょう。

(※冬季利用は電話で要確認)

利用時間

黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
  • チェックイン: 12:00〜
  • チェックアウト: 〜18:00(翌日)
編集部
編集部
キャンプ場の利用料金を支払う際に、色のついたリボン(布)を渡されます。場内利用中は、車のサイトミラーにつけておきましょう。チェックアウト時にキャンプ場の入口にある管理棟で返却します。

トイレ

黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

トイレは、1ヶ所に計3つあります。

編集部
編集部
トイレットペーパーは持参しよう。

水道

黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

水道は、場内に数ヶ所設置されています。

黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

炊事棟は無いので注意しておきましょう。

神崎川

黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

キャンプ場側を流れる神崎川。夏場は、水遊びを楽しむことができます。

黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火

足元には大きな石も点在しているので、川で遊ぶ際は十分注意しよう。

【解説記事】東近江市を流れる神崎川付近の川辺キャンプ場を上流から6つ紹介

 

利用料金

黄和田キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
宿泊
軽自動車バイク
1泊¥2,000¥1,000
2泊¥3,000¥1,500
3泊¥4,000¥2,000
日帰り
軽自動車バイク
利用料金¥1,000¥500

※上図金額は、税込金額(円)

 

販売・レンタル料金

薪(1束)¥500

 

その他情報

ペット

ペットの同伴は可能

日帰り(デイ)キャンプ

スタッフが、混雑状況によって柔軟に対応してくれます。

利用する場合、予め電話しておくことを強くお勧めします。

 

周辺情報

道の駅「奥永源寺渓流の里」

滋賀キャンプ-黄和田キャンプ場-道の駅-奥永源寺渓流の里
滋賀キャンプ-黄和田キャンプ場-道の駅-奥永源寺渓流の里-薪
滋賀キャンプ-黄和田キャンプ場-道の駅-奥永源寺渓流の里-薪-スウェーデントーチ

道の駅では、薪やスウェーデントーチが購入できる。

  • スウェーデントーチ(/個): 990円

コンビニ「セブンイレブン 東近江永源寺店」

コンビニ「セブンイレブン 八日市インター店」

スーパー「マックスバリュ東近江店」

温泉「永源寺温泉 八風の湯」

八風の湯-温泉-東近江市

 

アクセス

最寄りの高速道路IC名神高速道路「八日市IC」から約19.5km(28分)
その他の高速道路IC名神高速道路「蒲生スマートIC」から27.9km(36分)
その他の高速道路IC東海環状自動車道「大安IC」から18.1km(23分)

 

予約

予約は、電話から行いましょう。

黄和田キャンプ場 電話番号0748-29-0828

 

黄和田キャンプ場の関連記事
黄和田キャンプ場-カップラーメン-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ-焚き火
冬の黄和田キャンプ場で「カップラーメン」を食べた話。3月、快晴の日。編集部は、「黄和田キャンプ場」へデイキャンプに出かけました。そこで昼間に食べたカップラーメンが美味しすぎたので、その様子をお伝えします。...
黄和田キャンプ場-焚き火-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-キャンプ-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-川辺キャンプ
冬のある快晴の日に「黄和田キャンプ場」で焚き火を満喫してきた。今回編集部は、滋賀県東近江市黄和田町にある「黄和田キャンプ場」で、焚き火をメインにデイキャンプを満喫した。編集部は、焚き火台を使って焚き火を行っているが、なんと“黄和田キャンプ場は直火OK!”。県内でも稀な環境でキャンプができる。本記事の中盤で、直火で焚き火した痕跡に写真付きで触れているのでぜひ参考にしてほしい。...
キャンプスイーツ-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場-デイキャンプ-宿泊キャンプ
アメリカンキャンプの定番デザート「スモア」を作ってみた。編集部は、焚き火の火を利用して、「スモア」を作ってみました。「スモア」とは、アメリカやカナダのキャンプで定番のデザートです。苦釣り方は至って簡単。焼いたマシュマロとチョコレートをクラッカーやビスケットで挟むだけ!初めて作って食べたが、今回のキャンプですっかり味を占めてしまいました。兎に角、コーヒーとの相性が抜群!...
焚き火-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場
滋賀県東近江市にある黄和田キャンプ場で「直火で焚き火」してきた。今回編集部は、滋賀県東近江市にある「黄和田キャンプ場」で、焚き火を満喫してきました。しかも、直火で!黄和田キャンプ場は、県内でも数少ない直火OKなキャンプ場です。本記事では、直火で焚き火を楽しんだ様子をお伝えします。...
アウトドアコーヒー-黄和田キャンプ場-直火OK-滋賀キャンプ場-川辺キャンプ場-デイキャンプ-宿泊キャンプ
焚き火の火中で沸かしたお湯で淹れるコーヒーは別格に美味しく感じた4月の中旬。4月中旬、晴れの日。滋賀県東近江市黄和田町にある「黄和田キャンプ場」で、焚き火の火に直接ポットを入れて沸かしたお湯でアウトドアコーヒーを満喫しました。そんなアウトドアコーヒーシーンをお伝えします。...

 

【解説記事】東近江市を流れる神崎川付近の川辺キャンプ場を上流から6つ紹介

 

あなたに関する記事を
無料で作成します!
取材依頼募集-記事執筆

「滋賀県の法人・個人様限定の取材企画」

OUTDOOR SHIGA編集部は、あなた(御社)が当Webメディアを活用して発信したい記事の作成無料で承っております。

注! 本企画は、完全リモートでの対応となります。

あなたが、①発信したい内容②写真(10枚程度)をお送りくださいませ。

ご依頼を承ってから記事公開まで、おおよそ2週間ほどお時間をいただきます。予めご了承下さい。

 

記事の作成を依頼する

 

 

記事公開までの流れ

ー流れー

  1. 下記お問合せフォームからご連絡ください。
  2. 編集部がZoonなどのビデオ(Web)会議でご対応いたします。
    (所要時間: 約60〜900分間)
  3. ②から14日前後で記事公開
    (記事公開前に事前チェック可能です)
  4. 修正点があれば随時メールで連絡
  • 費用はタダ(0円)で承っております!
  • 記事修正に何度でも対応します!
編集部長
編集部長
記事内容のご相談からでも無料で受け付けております。気になるあなたは、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

\取材対象者さま一覧/

  • アウトドア関係者様
  • アウトドアショップオーナー様
  • キャンプ場運営者様
  • 湖畔のマリーナオーナー様
  • ドッグラン施設運営者様
  • ビワイチ関係者様
  • 県内のホテル運営者様
  • イベント企画者様
  • 他メディア運営者様
  • 企業様(企画・広報担当者さま等)
  • 個人様(キャンパー, SUPインストラクターさま等)

…など滋賀県の事業関係者さま全般

現状は県内のキャンプ情報をメインに取材しておりますが、キャンプ界隈だけでなく琵琶湖でのマリンスポーツ、登山、ビワイチ、ドッグラン施設など、滋賀県のアウトドアに関係することなら何でも取材させて頂きます!

 

当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」運営にかける編集部長の想い

OUTDOORSHIGA-header-logo当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」は、次の信念のもと、私たち編集部が日々全力で運営しております。

 

滋賀県魅力発信することで、
他府県在住方々
滋賀県
誘致する。

そのためには、
観光文化魅力発信といった
アプローチの他に、
滋賀県のアウトドア産業を
盛り上げる
ことも
必至
である。

 

もし、あなた(御社)がこの想いに賛同いただけるなら、ぜひ、周囲のアウトドア事業者の皆様へご共有ください。

私たちOUTDOOR SHIGA編集部の取り組みを周囲へ口コミいただけるほど、情報発信者冥利に尽きることはありません。

 

\24時間以内に返信します/

取材実績3件お問合せ

関連記事
ウッディパル余呉-キャンプ場-滋賀キャンプ-琵琶湖キャンプ-オートサイト-オートキャンプ場-BBQ-日帰りキャンプ-デイキャンプ-焚き火 滋賀キャンプ場

「ウッディパル余呉キャンプ場」|キャンプだけじゃない!様々なレジャーを楽しめる大型キャンプ場

09/04/2021
OUTDOOR SHIGA(アウトドアシガ)
ウッディパル余呉は、滋賀県長浜市余呉町にある余呉の森に囲まれたキャンプ場です。 キャンプやBBQを満喫できるだけでなく、子供向けの …