琵琶湖

ビワイチとは?

ビワイチ-サイクリング-琵琶湖

あなたは「ビワイチ」というコトバを知っていますか?

ビワイチ-サイクリング-琵琶湖ビワイチとは?

ビワイチとは、琵琶湖を一周する長距離サイクリングルートの名称であり、「琵琶湖一周」の略称です。

ちなみに、このビワイチは、国が指定した日本国内に6つしかないナショナルサイクルルート(*)の1つでもあります。

(*)ナショナルサイクルルート制度は、優れた観光資源を走行環境や休憩・宿泊機能、情報発信など様々な取組を連携させたサイクルツーリズムの推進により、日本における新たな観光価値を創造し、地域の創生を図るため、ソフト・ハード両面から一定の水準を満たすルートを国が指定することで、日本を代表し、世界に誇りうるサイクリングルートとして国内外にPRを行い、サイクルツーリズムを強力に推進していくものです。

国内6つのナショナルサイクルルート

  1. トカプチ400|北海道
  2. 太平洋岸自転車道|千葉県〜和歌山県
  3. 富山湾岸サイクリングコース|富山県
  4. つくば霞ヶ浦りんりんロード|茨城県
  5. ビワイチ|滋賀県
  6. しまなみ海道サイクリングロード|広島県〜愛媛県

(引用: 国土交通省 GOOD CYCLE JAPAN)

 

本記事では、「ビワイチ」の基本情報・ビワイチならではの魅力を余すことなくお伝えします。

【関連記事】なぜ、OUTDOOR SHIGA編集部はE-Bikeでたった50kmのビワイチに挑戦したのか?(近日公開予定)

【関連記事】ビワイチ初心者の編集部が1泊2日で挑戦するE-Bikeでのサイクルツーリング(近日公開予定)

 

ビワイチとは

ビワイチ-サイクリング-琵琶湖-琵琶湖モニュメントBIWAKOモニュメント|守山市

ビワイチの概要

ビワイチとは、日本最大の湖琵琶湖「琵琶湖」を 反時計回りに1周する約200kmのサイクリングコースです。

走り慣れた人なら1日で走れる距離(らしい)ですが、 おすすめは2~3日かけて滋賀県を観光したり地の食事を楽しみながら行うビワイチです。

編集部の個人的な意見ですが、「観光メインで滋賀県を訪れた際に、サイクリングも体験程度に数時間満喫する」くらいのスタンス方が、琵琶湖1周を是が非でも行うよりもむしろ、より深く滋賀県の魅力に触れることができると考えます。

【関連記事】ビワイチ初心者の編集部が1泊2日で挑戦するE-Bikeでのサイクルツーリング(近日公開予定)

 

バラエティに富んだビワイチのルート

ビワイチ(・プラス)のルートは1周(約200km)完全走破の1つだけではありません。

  • 琵琶湖大橋の北側(約150km)コース
  • 南側(約50km)コース
  • 北側コースクルージングを組み合わせたショートカットできるコース
  • 車内に自転車をそのまま持ち込めるサイクルトレイン
  • 近江八幡市・彦根市・長浜市等の観光地を巡るコース.
  • 歴史遺産を巡るコース…など

10以上ある様々なコースの中から、あなたにとって最適なコースを選択しビワイチを満喫できます。

滋賀県のサイクリングルート・マップを見る[+CYCLE(プラスサイクル)]

 

ビワイチの現状を把握しよう!

年間の体験者数

ビワイチ-サイクリング-琵琶湖-琵琶湖モニュメント引用: 地方創生・国スポ・障スポ大会対策特別委員会 資料2-1 商工観光労働部観光振興局(2021年5月28日)

商工観光労働部観光振興局によると、2022年のビワイチ体験者数推計値は87,000人。

2019年の体験者数推計値と比べると、およそ2割減少しましたが、2020年から過去5年のスパンで数字を見ると、体験者数推計値はおよそ1.67倍増加しています。

 

ビワイチ体験者の日程

ビワイチ-サイクリング-琵琶湖地方創生・国スポ・障スポ大会対策特別委員会 資料2-1 商工観光労働部観光振興局(2021年5月28日)を参考に編集部が作成

上図は、2019年と2020年のビワイチ体験者の旅程です。

コロナ禍の影響もあり、2020年の日帰りでのビワイチ体験者数は、2019年の体験者数と比較すると12%増加しました(*)。

  • 2019年度|日帰りビワイチ体験者数: 約137人(61%)
  • 2020年度|日帰りビワイチ体験者数: 約100人(73%)

(*)いずれも、回答者数が少ないため参考値。

 

ビワイチ体験者の男女比率

ビワイチ-サイクリング-琵琶湖2020年4月〜2021年3月ビワイチ体験者の性別構成

上図は、2020年4月〜2021年3月ビワイチ体験者の性別構成を表した円グラフです。

やはり、ビワイチを体験しているのは86%が男性と圧倒的に大多数を占めています。

 

ビワイチを体験する男性サイクリストの年齢層

  • 18歳〜24歳: 約10%
  • 25歳〜34歳: 約20%
  • 35歳〜44歳: 約25%を占めます。
  • 45歳〜54歳: 約20%
  • 55歳〜64歳: 約5%
  • 65歳〜: 約5%

※一方で、女性のサイクリストの割合は、どの年代でも5%未満です。

 

滋賀県やNPOや行政団体や各企業のビワイチに関する取り組み

 

ビワイチの課題とは?

ビワイチ-サイクリング-琵琶湖

多角的にビワイチを見つめることで、現状の課題が見えてきます。

  1. 「安全・安心」の観点から見るビワイチ
  2. 「観光振興」の観点から見るビワイチ
  3. 「都市環境」の観点から見るビワイチ
  4. 「健康増進・環境保全」の観点から見るビワイチ

 

①「安全・安心」の観点から見るビワイチの課題

  • 信号を守らないため事故が心配
  • スピードを出して歩行者のすぐ横を通り過ぎるため危険
  • 突然、歩道等から車道へ入ってくることがあり危険
  • 細い道で長い隊列を組み走行するため、車での追い越しが出来ず渋滞が発生する
  • ゴミを放置する
  • 挨拶をしない…など。

上記のような不満が、地域住民の方々や車を運転するドライバーさんから出ていることから、滋賀県商工観光労働部観光振興局ビワイチ推進室をはじめとするあらゆる組織・団体が課題解決に尽力しています。

 

ビワイチサイクルツーリズムの取り組みについて

滋賀県商工観光労働部観光振興局ビワイチ推進室は、「ビワイチ」を安全で快適に誰もが楽しめるコンテンツとして確立させるとともに、県内全域への自転車による周遊観光を推進することを通じて、交流人口の増加を図り、地域活性化へつなげるため、サイクルツーリズムの推進に取り組んでいます。(引用: 滋賀県公式HP)

観光客を含むサイクリスト、自動車運転者、歩行者等が互いに尊重し合い、共存する環境の中、国内外から多くの方々が来訪し、安全で快適に自転車による「ビワイチ(・プラス)」を楽しんでいるとともに、地域の豊かな自然や文化、食、人とのふれあいを通じて県全体が活性化され、県民自身も自転車で県内周遊を楽しんでいる状態を目指すべく、3つの取り組みを行っています。

  1. スマートフォン・タブレット向けサイクリングアプリ 「BIWAICHI Cycling Navi」の提供
  2. ビワイチサイクルサポートステーションの環境整備
  3. ビワイチサイクルツーリズムロゴマークの利用権の提供

 

①ビワイチをより楽しみたいあなたのための必須アプリ「BIWAICHI CYCLING NAVI(ビワイチサイクリングナビ)」

ビワイチ-サイクリング-琵琶湖BIWAICHI Cycling Navi(ビワイチ サイクリングナビ)

BIWAICHI Cycling Navi(ビワイチ サイクリングナビ)は、滋賀県が提供するサイクリング専用アプリです。

このアプリをインストールすれば、ビワイチ用のコースや各エリアごとのサイクリングコースを把握したり、走行中にナビゲーションすることができます。

iPhone App Store: こちらからインストールできます

Google Play: こちらからインストールできます

 

②ビワイチサイクルサポートステーション

滋賀県全域に「サイクルサポートステーション」の環境整備を行うことで、自転車で滋賀・びわ湖を楽しむ旅行者向けに次のようなサービスを提供できるようになりました。

  • スポーツバイクに対応した空気入れ
  • 自転車用工具の貸出
  • トイレの提供…など

※2020年11月30日現在の登録数は、311施設

 

③ビワイチサイクルツーリズムロゴマークの利用権の提供

「ビワイチサイクルツーリズムロゴマーク」を利用することにより、いろんなビワイチグッズが誕生しています。

  • バッチ
  • ハンカチ
  • オリジナルジャガードタオル
  • トートバッグ
  • ステッカー…など

ビワイチはもちろん、滋賀県のPR、県産品の販路拡大、県の産業振興等に貢献しています。

※ロゴマーク等を利用しようとする場合は、滋賀プラス・サイクル推進協議会会長あてに、「ビワイチサイクルツーリズムロゴマーク利用届」を提出していただく必要があります。

「ビワイチサイクルツーリズムロゴマーク利用届」について詳しくみる[滋賀県公式HP]

 

 

編集部もビワイチに挑戦します!

ビワイチ-サイクリング-琵琶湖ビワイチ

近日、編集部もビワイチに初挑戦します。

当日のルートやビワイチ挑戦に至った背景は下記の関連記事をご確認ください。

 

【関連記事】なぜ、OUTDOOR SHIGA編集部はE-Bikeでたった50kmのビワイチに挑戦したのか?(近日公開予定)

【関連記事】ビワイチ初心者の編集部が1泊2日で挑戦するE-Bikeでのサイクルツーリング(近日公開予定)

あなたに関する記事を
無料で作成します!
取材依頼募集-記事執筆

「滋賀県の法人・個人様限定の取材企画」

OUTDOOR SHIGA編集部は、あなた(御社)が当Webメディアを活用して発信したい記事の作成無料で承っております。

注! 本企画は、完全リモートでの対応となります。

あなたが、①発信したい内容②写真(10枚程度)をお送りくださいませ。

ご依頼を承ってから記事公開まで、おおよそ2週間ほどお時間をいただきます。予めご了承下さい。

 

記事の作成を依頼する

 

 

記事公開までの流れ

ー流れー

  1. 下記お問合せフォームからご連絡ください。
  2. 編集部がZoonなどのビデオ(Web)会議でご対応いたします。
    (所要時間: 約60〜900分間)
  3. ②から14日前後で記事公開
    (記事公開前に事前チェック可能です)
  4. 修正点があれば随時メールで連絡
  • 費用はタダ(0円)で承っております!
  • 記事修正に何度でも対応します!
編集部長
編集部長
記事内容のご相談からでも無料で受け付けております。気になるあなたは、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

\取材対象者さま一覧/

  • アウトドア関係者様
  • アウトドアショップオーナー様
  • キャンプ場運営者様
  • 湖畔のマリーナオーナー様
  • ドッグラン施設運営者様
  • ビワイチ関係者様
  • 県内のホテル運営者様
  • イベント企画者様
  • 他メディア運営者様
  • 企業様(企画・広報担当者さま等)
  • 個人様(キャンパー, SUPインストラクターさま等)

…など滋賀県の事業関係者さま全般

現状は県内のキャンプ情報をメインに取材しておりますが、キャンプ界隈だけでなく琵琶湖でのマリンスポーツ、登山、ビワイチ、ドッグラン施設など、滋賀県のアウトドアに関係することなら何でも取材させて頂きます!

 

当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」運営にかける編集部長の想い

OUTDOORSHIGA-header-logo当Webメディア「OUTDOOR SHIGA」は、次の信念のもと、私たち編集部が日々全力で運営しております。

 

滋賀県魅力発信することで、
他府県在住方々
滋賀県
誘致する。

そのためには、
観光文化魅力発信といった
アプローチの他に、
滋賀県のアウトドア産業を
盛り上げる
ことも
必至
である。

 

もし、あなた(御社)がこの想いに賛同いただけるなら、ぜひ、周囲のアウトドア事業者の皆様へご共有ください。

私たちOUTDOOR SHIGA編集部の取り組みを周囲へ口コミいただけるほど、情報発信者冥利に尽きることはありません。

 

\24時間以内に返信します/

取材実績3件お問合せ

関連記事